オールドシマノ・BMP15XSG…その2(内部と比較)

さくっとBantamMag10と比較します

bmp15-IMG_2542.jpg

左がマグプラス、右がマグです

ここでの違いがフィリッピングスイッチとクラッチボタン、マグ(右)はアンバサダーから続く従来型のボタンタイプ、マグプラスはフレームには沿っているもののより大型で低い位置についています

bmp15-IMG_2543.jpg

デコレーション的には左右のフレームを結ぶシャフトの前方側に樹脂の飾りがついてます

こちらのアングルの方がクラッチなどの違いが分かりやすいですね

bmp15-IMG_2544.jpg

前方から見ると大きな違いが無いように見えますが・・・

bmp15-bantam10-15.jpg

スプールのサイズチェックをしてみると・・・ノギスレベルの計測ですが、重要な部分に差がありました

シャフトの太さや長さは同じとして、スプール径がプラス(左)が33.7φ(34φ)に対してマグ(右)が34.7φ(35φ)なので1mmのサイズダウンが図られています

形状としてはVスプールなのは当時の流れなのでやむを得ないとしても、頼みのアベイルスプールのバンタムマグ100用のスプールが付きません

この一行でほぼ終わったな。。。(´・ω・`)




さて気を取り直して次に進みましょう、内部監察です

bmp15-IMG_2541.jpg

内部のギア周りのショットですが、クリーニング済なので結構きれいでしょ(笑)

このリールはローラベアリングが入っていないので、ラチェットタイプの逆転防止になっています

また、例のギアシャフトの黒い樹脂が気になりますよね~こちらも確かアンバサダー15/25で使った8134のベアリングが入るはずです

bmp15-IMG_2540.jpg

が、悲しいかな。。。こちらのリールは二桁の廉価版なのでベアリング数はゼロ、シャフトの両端はブロンズブッシュです

ちなみにサイズが3x10x4と5x10x4です

bmp15-IMG_2536.jpg

こちらは駆動パーツの展開です

bmp15-IMG_2538.jpg

そしてこれらがレベルワインダーの展開です

bmp15-IMG_2535.jpg

パーミング側に取り付けられたマグブレーキユニットは、ダイヤルを回すことで3個の磁石がローター部分に近づいたり離れたり

フェライト磁石ではないのは評価しますが、当時の評判はかなりピーキーなもので急に効くとよく聞きました(スプールを今どきのシャローなものにすると印象が変わるでしょう)

bmp15-IMG_2534.jpg

最後にコスメは大事ということで(笑)

文字剥げは多少ありますが、使用機種としてはまずまずの感じですね



さて今後の展開はどうしましょうか?

とりあえずブロンズブッシュをBB化して、メインシャフトもBB入れて・・・・・
[ 2017/03/20 17:00 ] ベイトリール Shimano | TB(-) | CM(0)

オールドシマノ・BMP15XSG

最近ではルアーやロッドでも復活したバンタムですが、こちらは80s



バンタム・マグ・プラス15Xスーパーギア

バンタムのマグシリーズとしては、100(10)、200(20)のプッシュボタン式の方がイメージが強いでしょうか?



コレは少し今風になってフレームに沿ってクラッチを配置して、ロッドを握りながら親指でクラッチとスプールのサミングをしながらキャスト出来るというワンハンドキャストを目指したものです


ワンハンドキャスト…当時のアンバサダーでもキャストの前に逆の手でクラッチをポンと押すものでしたが、其れを楽にしようという発想は、いつの時代も変わらないものですね



パーミングカップのマグダイヤルは、従来のバンタムとほぼ同じもの

レベルワインダーの位置がこれだけ離れていれば飛ぶよね~(スプールが回ればですが…)



ところでこのリールのステンシルにはXHG(エクストラハイギア)で5.1:1だって^_^

当時は5ギアでも超ハイギアだったんだね~

時代の進化のおかげで今や9ギアの時代、もっとも8とか9ギアだと使いかたは限られてしまうけどね


今や「遠心ブレーキのシマノ」のイメージが強いかと思いますが、当時は各メーカーがこぞってマグブレーキに挑戦していました

最近はBFSシリーズでマグ復活ですが…
[ 2017/03/19 17:00 ] ベイトリール Shimano | TB(-) | CM(0)

2017東古屋…1回目

やっと私的解禁の東古屋です

去年は結構頑張って岸釣りに通ったものでしたが、岸釣りで熱かったのは4月から5月まで、早い時期は船でフットワーク良く動くのがベターです



で、今回はお誘いのあったSTMさんと同船



透明度はまずまず、流れのないところは少しよどみぎみですね

今回はずっーと北風が吹き続け船が止まらない…アンカー増しもしたんですが、結果駄目でした




タックルは、こんな感じ


ルアー)
トリックトラウト60UL+アンバサダー1500(4lbフロロ)



キャスプロ+アルファスKTF(06PE)



フライ)
#5/6 SWTロッド





まずはルアーからチェック、やる気のあるトラウトが居れば広範囲を探れるルアーの方が有利か?

5gスプーンを遠投してカウントを取りながら上から下まで探ります

各コース、各レンジを探って反応がなければカラーチェンジをしてやり直します

微かなアタリらしいのはありましたが異常なし

キャンプ場沖に移動したらみた事のあるフライのキャスティングフォーム、何ということでしょう、サンデーアングラーの筈のAOK氏が居るではないですか^ ^

彼の船は終始アタリが出てましたね



こちらの方も反応が芳しくないのでフライにチェンジしてトラウトの回遊を待ちます


フローティングラインに交換してのんびりと・・・

のはずが、ちょうど回遊のタイミングにはまったのか?コマスの群れにあそばれてしまいました



出てくる魚がみんなこのサイズ

アタリはホントマメにあるのですが、魚も豆なもので。

デカピン探しで最上流まで行きましたが、ルアーで三回当たったのみ

ガッっと来たんですが乗りませんでした

STMさんのミノーにもチェイスしたんですけどね~、まだそこまでの活性がないのでしょうか?

途中アンバサダーのバックラッシュを治そうとラインを解いていたら「プチ」っときてロッド毎ドボン…(>_<)

解くためにラインを掴んで居たので無事に回収できましたが、危うく金の斧、銀の斧になりはぐりました

帰宅後に緊急メンテとなりました



4時、船釣の終了時間です

終わってみたらレギュラーマスばかりでした

フライではアタリがマメに出て居たので良いのですが、ルアーは大苦戦

これで三連休を挟んでどう好転するのか楽しみなところです



終日一緒に頑張りましたSTMさんに感謝~、また誘ってください(笑)





[ 2017/03/17 18:00 ] 2017年の釣り | TB(-) | CM(0)

雨蛙!でたぁ~

ガチなハンドメイドルアーを作られているRUBBISH LUERさんオリジナルのトップルアー「アマガエル」が届きました



ありがとうございます

素材を一新していますが、ウェートの方もバッチリ1/2oz、こりゃ飛ぶね



独創的なアイデアを盛り込まれ、リアに仕込まれたフックはヒットと同時にアイから結ばれたフックリーダーで分離する事でバラしにくい構造となってます



またフックの収納時にマグネットを使う事でブッシュの奥の奥まで打ち込めるようになってますし、ウィードエリアも積極的なに行ける仕様です



一体毎に手塗りされたグリーンの発色は鮮烈ですね


ケミホルダーも付いている事なので、一丁ナマズ詣でに行ってこようかな(๑˃̵ᴗ˂̵)


詳細はコチラ
http://rubbishlure.handcrafted.jp/

[ 2017/03/16 17:00 ] ハンドメイド オリジナルルアー | TB(-) | CM(0)

いよいよ行くぞ~っと

行くぞ!行くぞ~と気合いばかりが空回りしております私です

3月に入って何かと忙しく、ニャンコが亡くなったり、新しく黒ニャンコを迎えたりとありまして…


釣りの方は、渓流は水無し、人ばかりの状況もありまして、数時間作っては管釣りでフライキャストの練習をしておりました


というよりもラインとロッド合わせを必死に進めて、何とか割り当てが整理できそうです(>_<)

おかげさまでなんとか様になって来たところでして、今季から導入のSWT5/6のクリアーインターの使い方も見えて来ました




今週末には三連休ということもあり、何とか一発目の東古屋をウィークデーにと…

とりあえずいつ行けるかは微妙な調整が入りますが、頑張って時間を作ってみようと思います

準備は万端、あとは行くだけ…どうだ!(๑˃̵ᴗ˂̵

でも、本当はフライで408で修練したい気持ちも…
[ 2017/03/13 17:00 ] ブログ | TB(-) | CM(0)