2017湯ノ湖…9回目 丘

梅雨入りはしましたが、梅雨のしとしと雨は降らずにゲリラ豪雨的な雨、晴れれば30度を超える猛暑の空模様です

先の日曜日は釣り友がホームの湯ノ湖に来るということで終日案内をしつつ、しっかりフライでイブニングまでやりました

おかげで週頭はヘロヘロ~(^^;、やはり私には半日程度がちょうど良いみたい…




ということで早くも二桁釣行目前の湯の湖です



前回のイメージを引きずりつつ、ちょっといつもと違うことをやらかそうと目論み、用意したのはルアータックル、しかもスピニングのセット(^^)


ヒカリモノがヒットしつつもポロリとしてしまう事に対し、どんな対策が有効か?試してみようということで準備しました



使用するロッドは、管釣り用でスピニングのまま残っていた唯一のテールウォークの66UL



リールは、月下美人の2004MXにエステル05巻き

ルアーは、渓流用のスプーンを各種ですが、3~5gといったところです

一応対策してみた部分としては、フックをスイミングにしてみましたよ

細軸ロングシャンクのものですが、いわゆるチヌ針って自分的には相性が悪く、チヌ針で良かった!という経験はあまり無い…むしろヒネリがあるからか?フッキングイマイチ~な印象、今回はヒネリの無いものにしました



まずはライズを探しますが、どうやら池のコンディションがそれ以前の状態

池全体が抹茶オレ状態で、ライズどころではない…

本来であれば、ヒカリモノ特有のスピード感ある銀色のライズを狙いたかったのに…

ちなみにクルージングしながらのニジマスのライズは明らかに違うので見分けはすぐにつきます

さすがにライズもないのでポイント的に釣れるところをサーチしてみます

一ヶ所目はブルックのアタリノミ、時折はるか沖合でドボーンとデカいマスが跳ねますがもしかしてセミでも食っているのか?

二ヶ所目もかろうじてチェイスのみ、濁りでルアーを見つけられないのか・・・


このコンディションでは無理か~と思いつつの三ヶ所目、無理やり奥まで入り込みニジマスゲット



狙ったようにアタリはでてもなかなか乗らないアタリに終始します


スピニングのキャストも多少慣れてくればなんとか上手いことできてます(笑)

手前のズボッ!とか天ぷらキャストはご愛嬌、高切れを心配しつつも慣れてくればなんとかなります

なりますが着水前のサミングを忘れるとラインがモワモワとなるので注意ですね

ベイトでは無駄なラインが出る前にサミングで止めてしまうので、結果的にトラブルが少ないのですが・・・






さて、どうにもアタリがないのでフライをひっぱり出しました

たまたま沖の方でライズしている魚がおりまして、うまいことフライがはいったら波を立ててチェイスからの反転で~



ゴーマルあるか?のニジマス、残念ながらひれ先が復活していないので今年の放流物ですが銀系化していたのでそこそこ経過した奴のよう

ヒット後に気持ちよーく沖でジャンプしてくれました(笑)



そろそろヒカリモノが出て来ても良い時間帯、それに向けてポイントを変えてみましょう



風向きの影響か?少し抹茶オレが薄くなってきたか?

それじゃールアーをすっ飛ばしましょうとやってみる…

アタリがあるものらず…ロッドが長く柔らかいのもあるが、アワセの度にドラグが鳴るのでならばとドラグを締め込んでやったが、これが不味かった~

ん!アタリ!!とあわせたところでリーダーの結び目プッツン…ルアーを口に着けたブルックがジャンプです

その後ピックアップ寸前でヒカリモノがヒットするものの抜きあげポロリ…



まあ今回はこんなものかな


久しぶりのルアー釣り(しかもスピニング)、面白くもあり面倒でもありですが、多くの釣り仲間がルアーを中心に展開してるので、湯の湖どうなの?と聞かれた時の答えが少しできるようになったかな??

今回のタックル、ベイトでも良かったのですが、ほぼノーメンテのリールしかなく、どうせメンテなしならスピニングの方がトラブルがライン周り対処しやすいのです


まあ此処に来たからには、岸際のチビブルを狙うのではなく、ヒカリモノないしは越年モノのデカ虹を狙ってもらいたいものですが…


少し抹茶水色が落ち着くまではお休みかな
関連記事
[ 2017/06/17 17:00 ] 2017年の釣り | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する