2017湯ノ湖…6回目 丘

6月に入りましたね

下界は晴れると真夏の酷暑、曇ったりすると肌寒かったりと安定しない天気です



週一で山を登っていますが、山の木々もかなり緑が増えてきましたし、湖畔では春セミも鳴き出しています



毎回ブログに釣行録をアップしているおかげで、昨年、その前の年の同時期はどうだったのか参照できているのは便利なものです

因みに東古屋は去年の方が良かったけど、湯ノ湖に関しては今年はかなり好調だと思いたいところです(ヒカリモノの3年生が丘釣りで出てますからね)


ということで、今回も探検シリーズからスタートです



前回探検したところからずらして入ってみます(前回のポイントは根掛りでフライのロストが多かったのでね)

まずはDH1206-4にS1S2で引っ張ってみますが、前回の中禅寺でどうもラインの沈み具合がいまいちだったこともありポリリーダーの3ips/7ftをつないで、4lbティペットを1ヒロで試してみます



アタリますね~、ポリリーダーを付けたことで沈み具合がだいぶ良くなったようで、感度が上がったような気がします



反面、#6/7のラインにオンしたことで、ヘッドの重さがマシマシです

これなら#5/6のラインに着けたほうが効果がありそうです

一時間半、頑張って引っ張り続けますがアタリも都度ある感じで面白いものの、釣れるサイズも相変わらずで…

風向きが変わった頃合いでいつものポイントへ移動することに

が、沈んでいた倒木につまずきロッドを放り投げて手をついたので上半身びしょ濡れ~(T_T)

ウエーダーの中までは浸水しませんでしたが、急ぎ着替えてから入り直します



いつものポイントにやってきました



ここでもまずは引っ張りますが、今回はよりヒカリモノ用に特化したした新作フライを試してみます



ニジマスとは違うアタリ!

ひったくるのとは違う、追いかけて食いつくようなアタリが3回ほど、合わせまでは効くのですがロッドを立てて寄せてくる間にいつの間にかテンションが抜けてポロリをした後やっとこキャッチです



やっぱり出ましたね~、とりあえず新作で釣れたので良しとします

しかし、ニジマスが先のポイントのようにはでませんね



このポイントのニジマスは釣れれば良い魚なんですが、やっぱり人が入りやすいポイントはスレ易いのでしょうか…




すこし休憩しつつDH1164-5にフローティングをセットし定番のホットケメソッドに交換します

ATL-SWTの22gはこのロッドへの負荷がでちょうどいい感じ…しかしランニングラインを選択ミス(シュートした時にロッドに絡む)、さらにこちらはヘッドが短いSWT用なのでキャストの時のラインの置く位置が微妙に決まらない(笑)

要は慣れの部分ですが、ランニングラインを換えて先端にティップを1mほど延ばしてやれば良さそうです




ヒカリモノブルックに混ざってニジマス君、おまけにグイウーまでもヒット!



ヒカリモノの3年生もまだ居ます

どうしても2年生が中心にはなりますが、ちょっと今回のタックルでは届かないところではジャンプしてるんですけどね~



さて、イブニングタイムです



風も納まり、これから始まる祭りを予感させる静けさのなか、遠くから銀色のジャンプが近づいてきます

それに合わせてロッドをライトなGREYSのスイッチ、ラインをスープラEXP#5/6に交換です



風も収まり虫はムンムンというより耳元でブンブンです

ライズはバッチリ…でもかなり遠い

遠いときは近づくまでは慌てず騒がず待ちましょう、10m内にライズが入ってくればキャストミスせずに狙えますからね



ライズの中心は二年生が中心、出ないよりは良いのですが…

あまり近いところを撃つとやはりでましたグイウー君、それなりの大きさなので結構引きますがヒットした後の魚体のカラーが赤っぽい(笑)



一瞬ブルックかと思ったら、口が違いました(笑)

一時間ほどやりましたが、ヒカリモノもまずまず反応してくれましたがサイズが小さく二年生でした


イブニングも今がピークになるのか?



射程距離10m内は外しませんよ~(^^)




今回はデカマスが出ませんでしたが、かなりコンディションは回復してきてます

しばらくこの調子で楽しめると良いなぁ~
関連記事
[ 2017/06/03 17:00 ] 2017年の釣り | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する