もう一本、TENRYU K.bullet 1165-4

テンリュウ K.bulletシリーズの4本目(笑)

どんだけ好きなんだ(´∀`)

しかも最新のSDやXDではなく旧型のK.blt DHなのです

DH 1206-4、DH 1307-4と来て、これはDH 1165-4です



ロッドソックスのカラーが赤から茶色になったのは微妙なマイナーチェンジかな
当時の販売状況がわからないのでね、誰か教えてください


現在のメインロッドはDH1206-4の二本ですが、こちらのシリーズはシャッキリ感があり、振りぬけるロッドアクションがお気に入りなところです

で、こちらのロッドも基本のアクションは変わらず

#6より15cm短く、少しライトな#5となります(最近流行りのライトツーハンですね)

このロッドが出てきたときは現在のように専用ラインがまだ体系付いてなかったこともあり、当時の資料では『#5ラインを11~9m(各自がキャスティングしやすい長さ)の長さにしてモノフィラメント製の20Lbランニング・ラインを接続するシューティング・システムをおすすめします』となっていました

スペイのような水面を使ったキャストよりもオーバーヘッドでのキャストがメインだったのでしょう

もちろんスペイよりもオーバーへッドのほうが飛びますが・・・



ロッドの長さでいえば、ダブルハンドといえはダブルだし、スイッチといえはスイッチという微妙な長さです(笑)

さすがにシングルでは長時間は振れないと思います

ライン選びはちょっと迷いが・・・スイッチとしてみればよりパワー感があり(例のGREYSのスイッチよりも明らかにバットが太い)、ダブルとしてみればロッドが短くなったので長すぎるヘッドではアンカーが抜けません(笑)




とりあえずATL-SWT#5/6で試してましたが軽く、ATL-DH#5/6だと長くて取り回しが悪い…

となるとATL-DH short #5/6かな?と思ったらまだラインナップに乗っていない(#6/7から)


スカジットでラインを組んでみるかとエクストリーム320gnを用意してみたものの今度は相当ラインが重い


スープラEXP#7/8ではATL-SWTよりも軽いとなると迷走状態です

そんな中、先日のミーティング時にマイティさんから回ってきたATL-SWT#7/8の22gが着弾

当日振ってみたインプレは・・・イケル!

ラインのリア荷重が多い気はしますが、ロッドへの負荷は悪くないので、ティップ側にレベルラインをちょっと足してやれば十分使えそうです

そういいう意味ではこのロッドは現在のスイッチロッドの延長線上にあるショートダブルといったところでしょうか

Greysのスイッチのような繊細な感じはありませんが、逆の意味で#7/8のスイッチだと考えるようにすればよさそうです


またまたラインが増えそうな悪い予感が…(´д`|||)
関連記事
[ 2017/05/31 17:00 ] マイタックル フライタックル | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する