Greys GR50 SWT 1115-4のインプレ

さて、ニューロッドGreysスイッチロッドのインプレです



Greys GR50 switch #5/6 11.1FEET



グレイのブランク塗装、持った印象は…「軽い!」



ガイドは最近はあまり見ないシングルフットガイド、万が一飛んでしまったらどこでパーツが手に入るか調べておかなくては…




テストに使うラインは、アトランティックサーモンSWT#5/6です

まずはクリアーインターで試してみましょう



これまでメインで使っていた1065-4と比較して少しブランクが伸びました

開始早々はなんともつかみどころのない感覚でしたが、なれるに従いそれなりに(笑)

アクションは、ファーストよりで軽快な感じ

感度は、悪くない

パワーは、やはりというか曲がりは悪くないが、ATL-SWT5/6だと軽く感じる



続いてフローティングを試しますが、こちらの場合は湯の湖の定番、ホットケメソッドで試します



飛距離は、スイッチの5番ならばこんなところかな…的な距離感、流石にDH #6の様なわけにはいかない

やはり#5/6ではラインが軽い…ロッドを曲げきれてない感じで1番手あげた方が曲がる感覚が分かりやすいかも

アワセた感じは、若干ではあるがロッドの曲がる分遅れるかな


イブニングでも使ってみましたが、この場合は飛距離よりもプレゼンテーションなので、普通にWF6Fでシングルで振れそうです(スープラEXPの#6/7あたりの方がベターかも)

短時間ならオーバーヘッドのシングルキャストも可能ですね

アワセキレも無かったし…



とりあえず一通りのテストは出来たと思いますが、水面を使ったキャストのほうが楽しいのでこちらになってしまいます

シングルハンドとしてのオーバーヘッドキャストもできないことはないのですが、ATL-SWTのままでもダブルで持てば十分以上に飛んでいきました



これで今シーズンのフライタックルの配備完了です

スイッチ2本、DH#6が2本に#7が1本(まず出番が無い)

隠し玉が一本あるがこちらは追々登場するとして…

これらを駆使してフライを楽しんでいきましょう
関連記事
[ 2017/05/17 17:00 ] フライタックル | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する