フライ)スペイラインを整理する

今主力で使っているスペイラインはSAのアトランティックサーモン・シューティングヘッドのシリーズ

atl-line.jpg

#5と#6のスイッチ用にショートの5/6をフローティングとクリアーインター

#6のダブルハンド(12フィート)用にDHのクリアーインターとS1S2


その他にも各種テスト用に購入した格安系ラインがいくつかあります


このATLシリーズに言えることは、とても投げやすくターンもちゃんとしてくれるということです

メーカーの考えた長さとウェートポイントが絶妙で初心者でもそれなりに飛ばせます
どちらかというとキャストのスイートスポットが広くてごまかしが効くともいえますね

最長不倒距離を目指すのであれば違うラインの選択もありますが、そう何本もラインを買うわけにもいかないので、こちらを選べばそう失敗はないといえます

まあタックルや風向きによってはショートヘッドのスカジットのシステムのほうが良いこともあるので、ここは好みの部分かと思います



このATLシリーズのラインの表記が5/6、6/7と複数併記となっているのでとりあえずラインの番号でチョイスするケースもあるかと思いますが、しっかりとラインウェートを確認することは大切です

ロッドにラインウェートの表示があれば、それを元にラインを選ぶ基準にできますが、番手しか書かれていないと迷ってしまうことも・・・

自分のロッドは#6だけど5/6が良いのか?6/7のほうが合っているのか??

基準になるラインが一本あれば重めのほうが良いとか、悪いとかの判断にはなるので、最初の一本は仲間やショップのレンタルで試してみるのがベターかもしれません



ショップでの購入時は、パッケージにショートSWT、ショートDH、DHと小さい文字で書かれているので、ここもしっかりチェックしたほうがいいでしょう

同じ番手でもラインの重さが違うので、間違って購入して軽すぎた(重すぎた)があると無駄になってしまうことも

ラインのデザインは3種類ともほぼ同じようで、長さと重さが違う設定

atl-shooting.jpg

フローティングに関しては常に見えている部分だけに、3種とも同じカラーではなくバットエンド側かティップ側のどちらかの色を変えてもらえれば誤使用は少ないとおもううのだが・・・

atl-whand.jpg




ところで、あらたにDH用ショートヘッドがでてますが5/6番のラインナップがないので保留してますが、K-bltの#7DH用の勝負ラインがないのでどうしようかと悩んでいます(でも、どこで使おうとしているのかは分からない)

DH6/7でラインウェートだけをみると、ノーマルとショートDHはともに400gr(26g)は変わらず、長さが10.7mと9.1mと1.5mほどの違いが出ています

ロッドに乗せる重さが同じで長さの違いがどの程度キャストしやすさに影響するのか・・・、何しろメインが#5/6クラスのロッドなもので迷っているわけです

東古屋もまもなく減水で終了だし、湯の湖のトラウトのサイズでは高番手ロッドでは楽しくないし...

道具に頼るのではなくもっとキャストを磨けとの話もありますが、歳とともに楽な投げ方でないと釣りが辛くなるのでね~







そしてただいま中華ラインを取り寄せ中です

-1425584211787688498.jpg

ラインのデザインを見る限りでは、ヘッドの長さが結構長くて55フィート(16.5m)で350gr(24g)となっているのでダブルの#6あたりで使えるか?

ラインのカラーチェンジまでで40フィート(12m)なので、場合によっては切貼りしてラインを作るのもありか・・・
何しろお値段が2000円以内なもので(笑)

到着を待ってスイッチからDHまで載せてみて試してみたいと思っていますが、この分だとGW明けになりそうです
関連記事
[ 2017/04/24 17:00 ] フライタックル | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する