2017東古屋…3回目

3回目、ここでまとまらないと早々と中禅寺湖になってしまうのか?

渓流は既に想定入っていない悲しさもありますが…



良し、今回は雪はないな(^^)



今回も午後からの丘釣りです

前回は山の上で雪の降るような寒さでしたが、今回は穏やかな日差しと時折ダムの方から風が抜ける感じです

水の色は相変わらずのクリアー度



余裕で2メートル以上はいけますね




今回のタックルです

ルアーはトリックトラウトにモラムZX、06PEです


前日エアークルクルしてたら使いたくなりました(笑)

フライはスイッチの1064-5と



1134-6です





第一ポイント、まずはいつも通りルアーで活性を探りますが、トラウトの気配なし

対岸のヘラ師がいくつかあげてますが、ほかは何もなし…ヤバイか



続いていつも通りフライにチェンジ

とりあえず1134-6で引っ張ってみます

が当然何もなし…

引っ張りをあきらめ、いつものホットケメソッドにチェンジ、1064-5のロッドに持ち替えます

アマゾンミュージックのプレイリストが一つ終わりました(約1.5H)

二時間粘りましたがライズの一つもなく、魚影の確認もできなかったので移動を決意




第二ポイント



船着き場前に入り、まずはスプーンを試してみると、あれ?当たった!!

あれ?乗らない…を繰り返した末にやっとルアーで一本



ぶっちゃけのところ、溜まり場は管釣りサイズのスプーンの方が釣れるでしょうね

しばらくするとサクラマスの回遊を発見、あわててルアーをミノーに変えてアクションさせると…


おし~い、3匹もチェイスしたのにヒットしませんでした

水面下の見えるレンジをクルージングするとは、これからが楽しみになります


さて、まだこの時点で二時間半をかけて一匹のみなのでフライにチェンジ

棚を合わせて放置することしばし…



まるで管釣りかのようなアタリが…



続きます

折から上流で餌釣りをしていた釣れなくて早上がりを決めようとしていたおじさんもたまらず餌釣り開始

たまたま並んだ3人(餌2、フライ1)でバシバシ合わせます(笑)


悲しいことに止まっているボートがあるので水面を使ったキャストができず、オーバーキャストだとアトランスイッチが重く手首に負担となる始末

思いきってスープラEXPにかえたら…いいじゃん!スイッチロッドでオーバーキャストならこれだ!!


合間にデカマスがヒットしたものの、一気の走りでサヨウナラ…



場所が良かったのでそこそこ楽しめましたが、ポイントが違うと何事もないようで、沖にとまったボートは何も起きませんでした




さて3月も終わりますが、どうやらトラウトたちは放流場所から大きく動いてないようです

先日雪が降ったとか、水温が低いとかあるようですが、ぼちぼち動き出して欲しいところです

特に事務所より下流側は何もなしの状況、特別調査のときは釣れたようので居ないことはないとおもうのですが…



長靴で水に浸かっていると指先がだんだんと冷えてくるのがわかります、まだ水温が低いのもあるのかな?

快晴続きで照り込めばターンオーバーで濁りが出てくるのはまだ先か??
関連記事
[ 2017/03/31 17:00 ] 2017年の釣り | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する