バンタム・BMP15XSG…管釣りテスト

テストに向けてスプールをRC002改、ラインを06PE、メインシャフトもBBを入れて3BB仕様となりました

合わせて3個付いていたマグネットを2枚にしましたよ



東古屋に行った時にテストしても良いのですが、そこでイキナリテストにはちょっとハードルが高い

何せシャフトの留め方が…(^^)




ということで短時間でバイトが取れ、あわよくばランディングまでの可能性のあるとある地元のポンドへ



ロッドはトリックトラウトをチョイス



出かける前にチェックしたスプール重さは15g超、内ローターの重さが3gだったので、スプールそのものは7g位かな?



まずはトップを投げてみましょう



ティーニートーピド

12~13m位飛びました、そして釣れた(笑)




次はクランクだとばかりに手元にあった唯一のコロンを



コレは8m弱くらいかな~、一応飛びましたが空気の壁に負ける感じです

まあバイトは出てたんですが、なにせショートバイトが多くて掛かってもバラシ連続



合間に唯一ボックスに残っていた55パニッシュ



少し軽すぎですが何とか飛ばす!



レンジがあったのかバイト連発でした


ラストはスプーンなんですが…



結構飛ぶな~と思いましたが、よく見たらアンダー2gでした



一応管釣りスプーンも実釣り範囲内のキャストができましたが、かなりキャストフォームを合わせていかないと無理~(^^)



スプールシャフトの緩みが心配でしたが問題なさそうです



それなりのサイズのトラウトでも負けませんでした

ドラグ自体は締めておいたので、シャフトの固定がNGの場合はスプールそのものが回ってしまうはずなんですが、ちゃんと留まってました



さて、このリールの最終的飛距離ですが、現時点ではフルカスタムのアンバサダー1500cの半分程度

遊びではソコソコ行けそうな感じですが、持ち替えてしまうとカスタムの出来具合に愕然となります(アンバサダーはまったくの別物でした)

どうしてもスプール自体が重いので立ち上がりの悪さが目立ってしまい、反対に重めの1/8ozクラスにすると止まろうとするブレーキ力が足りない(マグ1枚抜き)感じがして油断するとバックラしそうになります

理想としては1/4oz~1/8oz辺りでキャスティングするのが一番面白いのかな、まだ巻きが少し重いので磨きを入れてアタリを出せば良くなるでしょう

それにしても始まったのが遅かった~、本格的には秋までお預けになりそうです



++++++++++後日談++++++++++


気分を変えてオールアングルに56のロッドにセットしてミノーイング

HMKL K1ミノーで…



キャストした感じも悪くない



飛距離もそこそこ

これなら箒川でも使えるかな(^-^)/
関連記事
[ 2017/03/26 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する