フライリールの整理

シングルハンド用のリールと低番手用リールは置いておいて…

スイッチロッドとDH用のリールを整理します


スイッチ#5-1064

おそらく一番出番の多いロッドだろうと思うところで、軽めのリールを当て込みエコーの6-8を使う



ラインはアトランスイッチ5/6のフローティングとクリアーインター


スイッチ#6-1134

上記スイッチ#5と同じラインで対応できるのでもう一台同じエコーの6-8を使う

スペアスプールがあるので一本はフローティング、もう一本はシンキングという使い分けができるかな

このリールは軽くて安い(本体5k、スペア2k)、おまけにラインのキャパも十分なのが嬉しい



DH #6-1204

こちらにはカセット式リールを使う



スペアスプール3個あるので、フローティング、クリアーインター、S1S2を巻いて一本はシューティングラインのみの予備スプールにする

同じロッドがもう一本あるので、そちら用にブルーの中華製リールにフローティングラインを入れておく

同時に二本ロッドを出したときに、一本はフローティング固定で、もう一本で色んなタイプのラインが選択できるかな


DH #7-1304

余り出番はないとは思うのでフローティングを巻いたグレーのリールで使用




予備のリールとして



ランニングラインのみを巻いておいて、トラブル時にはループtoループでコネクトして対応しよう

関連記事
[ 2017/03/22 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する