テスト&チェック

とりいそぎテストしました

エリアユニゾン改にイエローピクシー・エステル04号でロッドをチェック

test-IMG_2454.jpg

リールシート、リアグリップを交換したのでロッドのハンドリングは改善されました

それによってキャストのコントロールが良くなりました

キャストのコツを掴んでからは(極小ルアーはダメですが)、そこそこの重さのルアーでかっ飛ばすのは面白いですね

こちらのリールはドラグのセッティングが決まっているので安心です、細いラインでも走られればドラグクリッカーの音を頼りにラインを出していけます


この時期、春一番以降は風があっても気温が高いので水の中も虫達が動きだしています

サイズの小さいユスリカもだんだんに大きくなり、風で飛ばされたゴミのようなものにライズしていたりして、トップが熱くなってきてます

test-IMG_2451.jpg

ちびっ子たちのライズはやっても…ですが、良いサイズであればヤラナイ手はない

トーピードでパコーンとヒットです
バイトの数ほど乗らないのがまた面白いんだなぁ


続いてアンバサダー1601のマグブレーキです

test-IMG_2449.jpg

黄色い鮎が好きさんから送ってもらったユニットを詰めるべく、ネオジムの厚さを薄くして4枚、これで決まりですね

test-IMG_2450.jpg

ブランクスルーのロッドだったのでパーミングがしずらかったものの、リールそのもののセッティングは決まりました

遠心ブレーキの音がないかわりにスルスルと飛んでいきます

場合によってはネオジム3枚でも行けそうですが、今後使いそうなのは湖なので少し重めのルアーに合わせておきましょう

アブをいじりだすとクラシックリールを使いたくなりますね




続けてRay's スプールを入れたスティーズ、0.35号のエステルラインを試したい

と、ところがラインを通そうとクラッチを切ったら…いきなりスプールが逆転、バックラッシュです

降ろしたてでまだワンキャストもしていないのに…

無理に引っ張るとすぐに切れそうなので少しずつ伸ばしていって、傷んだ部分をカットしましたが、10m弱はロスしたかな

test-IMG_2452.jpg

折角細いラインを巻いてあるので軽めスプーンを巻きました

感度はともかく細すぎてラインが見ずらい・・・(笑)

test-IMG_2453.jpg

細いラインでやるにはドラグのセッティングが決まらないと厳しいです

トラウトが走りだした時に滑ってほしいのにラインが出ていかないジレンマです

幸いにしてロッドが柔らかいので多少の時間的余裕があるのでその間にクラッチオフで対応してますが、走りを止めてしまうとラインブレイクしそうで怖いですね

管釣りとはいえ、ベイトではエステルは04号までかな




本格的な湖に向けて徐々にですがラインの見直し、ルアーの整理の必要な時期に来ましたね

東古屋では04号はないので4LBフロロか06PEに巻きなおし、スプーンも5g以上を扱えるようにしないと...

ロッドはBFロッドとティムコのトリックトラウト・スパイラルガイドでいってみよう

大きめミノーをしばらく使っていないので、そちらが少し心配です
関連記事
[ 2017/02/25 17:00 ] マイタックル ルアータックル | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する