その2)GFFからの管釣り

ということで午後の部に突入です

ヨッシーさんの案内で会場を後にして戻り方向の赤城南面の管釣り場へ移動しました

たどり着いたのは…



前回より水のコンディションは良さそうですが…



と、その前に腹ごしらえです



ヨッシーさんが用意してくれた峠の釜飯をいただきました(さすがに美味い)




時刻は一時半、ここから三時間券で挑戦します

地元の人間ではないので、数少ない自分の引き出しの中からヒットパターンを見つけ出すべく開始します

魚のコンディションは、上?中??下???

水面近くではトラウトの動きはあまりなく、やはり足元か…



一旦ボトムまで落として巻いてみると足元でチェイス、やっぱり近場のボトムか…

何度かアタリはあるのですが乗りません(゚ω゚)


あきらめてボトムをデジマキしてやっと釣れました



デジマキしながら周りをきょろきょろしつつ、トラウトの動きの変化を探りますが、どうもピンとくるものがないですね


夕方前の三時半、ライズが増えてくれば、多少なりともレンジが上がってくるはず

試しにダブルクラッチをジャーク、するとどうでしょう!サクラマスがヒットです



なかなかのサクラマスです



するともう一本出ました



なるほど、その後終了時間まで頑張りましたが、チェイスはあるもののなかなかヒットまで持ち込めずに終わり時刻に…

クリアーなところで慣れていると見える魚の動きである程度読むのですが、濁りのあるところとなると全く見えないままでラインやロッドへのインプットで判断するので結構むずいですね

釣り人も多かったようなのでまあこんなものでしょう



半日でしたが釣りもできたし、久しぶりのヨッシーさんとも会えたしで春の遠征はこれにて終了

いよいよ来週にはネイティブ解禁となりますが、私の今季初アタックは3月の彼岸明け頃になるかなぁ

川のコンディションを見つつ、東古屋でスタートとなりそうです


関連記事
[ 2017/02/28 17:00 ] 釣りコラボレーション | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する