はい!コレ来た^_^

シマノ・カルカッタコンクエスト BFS-HG

carucon-bfs.jpg
<シマノHPより転載>

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/4654?utm_source=mailmag&utm_medium=text&utm_campaign=20170106

LEFTモデルは2017年2月、RIGHTモデルは5月発売予定となっています
(いつもは左モデルが後出しだったような・・・)

HGとなってギア比が6.8(1巻き68cmMAX)となるわけです

スプール周りもアルデBFSと同様のマグブレーキユニットを搭載となりました

本体重量が200g、ライバル?のダイワのRYOGA1016が255gなのでかなり軽いですね(メガバスLIN10でも245g)

NEWカルコン100モデルで215gなので更に軽量化を図ったということでしょう

個人的にはBFSとしてみると、ギア比はまず良いとしても本体重量の重さからちょっと無理かなぁ

であればアルデBFS-XGを使ったほうが釣りやすいと感じます

実際のサイズ感はわかりませんけどね・・・・




シマノ・スコーピオンBFS

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/4653?utm_source=mailmag&utm_medium=text&utm_campaign=20170106

目玉は例のFTB(マグブレーキ)搭載となったところ
相当アルデBFSの評判が良いのでしょうか?

スプールのキャパ的には8LBフロロ45mなのでまずまず、自重は現時点では未記載ですがNewスコが190gとなっているのでさらに軽くなって180gくらいで仕上げてくるのではないでしょうか

先に書いたカルコンBFSもそうですが、スコBFSにもエキサイティングドラグサウンドがついています

バスを狙う人にはあまり影響のないところかもしれませんが、トラウト系やライトソルトで細いラインを使うアングラーには評判が良いと思うのですがいかがでしょう?
(個人的には大いに評価いたしております)


他にもスコーピオンDCやクロナークMGLなども…


関連記事
[ 2017/01/06 19:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(4)

Re: タイトルなし

uniさん、どうもです

やはりそうですか、本土の用途では源流ではタックルバランス上どうかなぁと思いますが、北海道ではあれこれ使えると思うので有効でしょうね

スプール周りもアルデのBFSと同じようなブレーキも付くので吊るしで行けちゃうかな?!
[ 2017/01/13 07:48 ] [ 編集 ]

それでもカルコンが欲しい
ボクです(笑)
[ 2017/01/12 23:30 ] [ 編集 ]

Re: こんにちわ(^^)

黄色い鮎が好きさん、どうもです

時代のニーズめあるかと思いますが、ベイトでも普通に軽いルアーがキャストできるようになってきましたね

超軽量は無理でも1/16ozあたりは扱えますので、スピニングの強みは減りつつあるかと思います

シマノ、ダイワ、アブで競ってくれたお陰ですが、遠心のシマノがマグ化してきたのは面白いところですね

今年も新製品には注目です(^^)
[ 2017/01/07 17:53 ] [ 編集 ]

こんにちわ(^^)

シマノもフィネスが充実してきましたね。

私は、初代カルカッタ以降シマノのベイトリールを
使っていませんが、今では全く別物ですね。(笑)
(このカルカッタを使った時は、
ベイトリールってこんなにも進化するのかと衝撃を受けました。)

最新のリールも使ってみたいのですが、
中古タックル店で、良さそうなアンバサダーを
見つけると、つい手が出るので、アルファスAirは
諦めています。(^_^;)
[ 2017/01/07 13:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する