トリックトラウト、その後

最初の違和感を克服すべくせっせと使い込んでいるトリックトラウトです



慣れてきたこともあり、近頃では1g台後半のルアーもキャストできていたりします

もっともこの時ばかりは垂らしを多目にしてよりルアーウェートを乗せるようにして投げていますが、2g辺りからのウェートは相当飛ぶようになりました

巻きのバイトの方もまずまず拾えてきているのでこちらもOKなんですが、水が冷えてきたせいもあり中層辺りよりもボトムにアタリが集中してくるとロッドはなんでもいいっていえば・・・

ちなみに、これまでメインで使っていたスーパーサラマンダーやルシファーよりもバットパワーがあるので、大型がヒットしても安心でラインに問題がなければゴリ巻きして寄せてしまいます

ただ未だに馴染めないところはありますが、ロッドそのものの評価はまずまずと言いたいところ…



そして今新たな問題が浮上してしまいました…



大型魚の多いところでやり取りしすぎた結果、リールシートのトリガー部分にトラブルの兆候



アルミのリールシートにネジ二本で止められたトリガー取り付け部に歪みが発生

ネジ二本のうち前側がグラついてます

まあかなり重い魚を強引に寄せていたのでやむを得ないのかと思いつつ、やはりリールシートは交換已む無しということかと

正月休みの宿題となってしまうのか・・・

マタギでパーツのセールをやっているから今のうちに仕込むか?

関連記事
[ 2016/12/02 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する