脱着仕様ロッドグリップあれこれ

さて、トリックトラウトのグリップを・・・と思ったところで迷いが生じてきた
tr60-IMG_1915.jpg
このロッドのウィークはリールシート、リアグリップの形状は結構フィット感が良く気に入ってはいるのだが...
私の希望は、限り可能な限りオリジナルの部分を残すというもの
フロントグリップをばらすとなると一緒にガイド3個も外さなくてはならず、リアグリップからやればガイドをいじることなくリールシートを交換できるが気に入っているコルクグリップが使えないことになる
そこで注目しなおしたのがタイトルの脱着式なのだが、これもまたいろいろあるなかでチャンピオンフェルールが用意できれば可能性、組み合わせが多彩になる

シンプルかつ基本のチャンピオン・フェザーウェート
かなり軽量なスミス・スーパーストライク
樹脂系のグラスアイ・キャスパーハンドル
ロベルソン・レジオンハンドルも樹脂系ハンドル
専用フェルールが必要だけど見た目ダントツなレスターファイン・コルファーハンドル
こんなこともあろうかといくつかハンドル仕様のロッドを使ってみたが、釣り方によってはしっくりこなかった

単純に巻くとなるとガングリップよりストレートグリップの方が使い勝手が良く、トップやミノーはガングリップの方が良かったりもする
またキャスト時に握り直すのが億劫だったりもするのだがチャンピオン系は爪が長く感じ邪魔っぽい
そうなるとこのトリックトラウトは?と考えると管釣りメインでスプーン3割、クランク3割、トップ・ミノー4割とするとやはりストレートグリップに仕立てたほうが汎用性が高いと思われる
手持ちの脱着式ハンドルでストレートグリップになっているのはチャンピオンのみ(どんだけガングリップが好きなんだ・・・)
ということで、このプランはいったん保留となった
やっぱりブランクスルーのリールシートかな
関連記事
[ 2016/11/29 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する