カスタムスプールメーカー

さてここで一旦実釣から戻ってパーツの話に戻るとしよう

自分の理想に近付けるためのパーツ選びということで、一番大切なスプールメーカーから



一台のリールに対して複数のメーカーから選択できる時代になってきた訳だが、いざ購入…その前に試す機会は正直あまりない

仲間やショップでデモ機を借りられれば言うことなしだが、周りにそんな環境がない場合は、自ずと口コミやネットの評価がベースとなる

同じスプールでも人によっては優劣の評価が分かれるのだが、キャストの仕方やロッド、ライン、ルアーの組合せによって大分変わってしまう

一方では高評価、一方では酷評・・・酷評の方はうまく使いこなせなかったことと私はとらえるのだが、それでも出費を考えると失敗はしたくないもの



まずは一番お世話になっているAVAILから

リンク=>アベイル =Avail Fishing Tool=

いわずと知れたカスタムスプールのメーカー



アブ、シマノ、五十鈴と各種スプールを開発、注目は現行品だけを追いかけるのではなく、かつて名機といわれた旧型機のスプールもラインナップに入れている点が良い

昔バス釣りに使ったリールをもう一度復活させたいが、それなりの現行機種に負けない飛距離が欲しい!といったニーズにはぴったり

あわせて一部スプールにセットで組み込めるマグネットブレーキシステムも同時開発している

唯一スピニングではカージナル3シリーズ用のパーツも販売

特にもはやレジェンドともいえるアンバサダー1500/2500シリーズのカスタムパーツが充実、ハイギアキットからハンドル周り、レベルワインダーその他とカスタムの幅が広がる

同社の特徴は工作機械による切削ベース、ゆえにカーボンハンドルではなく切削によるハンドル加工となっている

これまでに数多くのスプール他のパーツを使ってきたが、トラブルは皆無、おすすめできるメーカーだ

※カスタムスプールの使用に際しては、無理な力をかけてはいけないし、テーブルなどからの落下もNGであるこは基本中の基本
決して根掛りしたときにスプールを抑えて無理に引っ張ったりはしてはいけない



続いてOFFICE ZPI

リンク=>オフィスZPI

こちらはやはりバスをメインターゲットとした開発でシマノとアブのリールに対応



メタニウムやレボで評価が高いが、トラウトでは少しラインキャパが多いか

近頃ではコンプリートモデルも販売している

アブレボLTZのようなバスプロ開発リールも力が入ってる

かなり昔はダイワ用のスプールやアブのモラムといった機種のスプールも販売していたが、現在はダイワスプールはやっていない

実際所有してはいるがラインキャパが合わず(深い)、また重量の面でマイナスになっている

ある程度のウェートのルアーをぶっ飛ばすような釣りであればZPIカスタムもあり



最後はK.T.F

リンク=>K.T.F【キャリルチューンドファクトリー】

こちらはバスプロのSAWAMURA氏とダイワの共同開発らしいAIRブレーキを搭載したPX68、アルファスが目玉(アルファスは本家からAIRが出てしまった)



唯一ダイワとつながりをもって開発販売をしているが、販売条件が本体とバラではださずセット売りが原則、一時は嘘のようなプレミアがついていたが、ここにきて落ち着いてきた感もある

バス界のベイトフィネスの先頭を切っているゆえにパーツの供給は軽量リールに絞られ、PX、アルファス、アルデバラン(09,12,15)、レボと限られている

どんな繋がりかは不明だがアルデ用79ギアやPX・アルファス用のHGを用意している

アルファスフィネス、15アルデバランでスプールを使っているが15アルデはコスパが良い

フルコンプのアルファスフィネスになると、軽量化はもちろんだが、お値段も新品のアルファスフィネスカスタムの二倍強…どこまでのパーツが必要か考えてしまう


総じてトラウト寄りなのはAvail、次に使いこなせればKTFというフィーリング

なによりトータルコーディネートをちょっと前のリールでやるならアベイルの充実ぶりは流石とかんじる

KTF、ZPIは機種限定なので所有以前に購入時に該当機種を買うことから始まってしまうといえる

関連記事
[ 2016/10/31 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する