管釣りメソッド

ベイトタックルで管釣りを攻める・・・一般的にはスピニングタックルで釣りをしてきて「面白そうだからやってみっかな~」で始まるのか、それともバスをやっていて「寒くなったから管釣りいこっかな~」なのか、良くわからないところもあるが自分の場合は前者だった

それなりにスピニングでトラウトと遊んでいたところで、09アルデバランが出るか出ないかのタイミングでスタートしたわけだが、その当時トラウトで使えそうなリールはダイワのPIXY(それでもスプールはいまいちだった)、シマノのカルコン50シャロスペ位だった

少しでも快適に使えるものがないか探した結果が、アベイル社のスプールと出会い、その後一転したわけだ


では管釣りでベイトタックルを使った釣りを展開するとしたらどうなるか・・・


まず入っている魚種、活性、レンジなどを観察する


魚種によってはトラウトへのアプローチが変わってくることは経験者ならばすぐにわかるだろう

ニジマス系オンリーの釣り場でミノーをシャカシャカ動かしてもなかなか結果が出ず、かえってスプーンやクランクのタダ巻きのほうがアタリは多いというものだ

しかしサクラマス(ヤマメ系)が居るとなればトリッキーな動きを演出するミノー(シャッドを含む)が一軍ルアーとなる

またイワナ系(ブルック、ジャガー)は比較的足元付近をうろうろするのですぐに見つけられるが、なかなか反応を得にくいもののいったんスイッチが入ると何度でもアタックして来ることがあり、そのスイッチを入れるのにはミノーのほうがやりやすい

トップへの反応という面では、ニジマスは格好のターゲット、イワナ系はまず出ない


fc2blog_20160229164526064.jpg



活性が高いか?低いか?その判断の一つはライズの有無となる

朝一番、夕方の営業終了後はプレッシャーがないのであちこちで派手なライズを繰り返しているのを見ることだろう

ライズは餌となる虫や小魚を食べようとする本能のようなものだが、池から出てくる虫の種類、サイズ、色というものをよく観察することは大切だ、あまりに小さい虫はルアーでとらえようとすると非常に難しくなるが、それらを食べようと水面に集まる小魚をさらに大きなトラウトが狙うシチュエーションがあるので、虫そのものよりも小魚のイメージの方で結果がでることがある

また釣り人が居ても活性の上がるタイミングが日に何度かあることを理解して準備することも大切だ

管釣り場にによってはペレットを撒くところがあるが、まさしく活性を上がるタイミングの一つになり、水面がフラットな無風状態よりはさざ波が立つくらいの方が明らかに活性は上がる、何よりもドピンカンよりも曇り空、もっと言えば晴れ時々曇りのような太陽が出たり入ったりするときは、陰った間は活性が上がる

放流効果による活性上がりもあるが、自分の立ち位置によってはスルーされることもあり、また強めのタックルが裏目に出ることもあることを理解して、普通にスピニングで挑んだほうが良いこともある


t-chekt-DSCF0097.jpg


レンジの認識はベイトに限らずではあるが、トップ、トップ下、中層、底上、底と5段階に分け適切なルアーをセレクトしてあげることになる

しかしベイトのウィークポイントは軽いルアーが不得意、決してダメなわけではないが1gのスプーンで水面下を巻こうにも飛ばないからやらない、反面3g近辺のスプーンになると相当な飛距離を稼げるのでそれを活かした釣り方を目指したほうが楽しめる


個人的には以下のようなイメージでアプローチする

トップは、ポッパー系、ペンシル系、ペレット系の水面で動かすルアーをセレクト、意外と得意なシチュエーションになる

ローギアではルアーの回収、再キャストに手間がかかるのでハイギアリールをセレクトするのが私流

トップ下は、ちゃんと飛ばせるサイズのクランク、もしくはスプーンになるがレンジ合わせが結構難しい

中層はスプーン、クランクともに有効、どちらかというと飛距離が重要になることが多い

マキモノ勝負であれば黙ってローギア58ギアをセレクトして、足元までしっかりとリトリーブする

底上では、重めのスプーンをキャストしてスプールを押さえつつフォール中のアタリをとることから始まり、一旦着底させてからの巻き上げを有効打に使う

底はデジ巻きでダイレクトにアタリを取っていく、ちゃんとキャストできれば遠方のアタリも取れ得意なシチュエーションの一つとなる

このシチュエーションでもハイギアが活躍する、何より巻き合わせが面白く決まるのだ



fc2_2013-03-06_20-00-07-226.jpg



これらを踏まえてベイトタックルの良さを活かしたメソッドとしては・・・

ミノーイングやトップで遊ぶ、ロッドアクションからのストップアンドゴーはベイトタックルの方がやりやすかったりもするし、距離感やコントロールを活かすことで狙い撃ちに近い

ローギアを活かしたスローリトリーブの基本、クランキングは巻き上げトルクも十分でビンビンに動きが伝わってくる

そこそこのウェートのスプーニング、遠投からのロングリトリーブはバイトの確率も上がる

blog_import_4e51a6a3d8ad6.jpg

なによりも狙ったところに投げられるコントロールを磨くことでショートレンジでもロングレンジでも釣りができる

キャストの度にバックラを直していては釣りにならないから、まずキャストを磨くことだ

そのためには自分のタックルのセットアップ能力も必要となってくる
関連記事
[ 2016/10/25 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する