ラインのセレクト

リール、ロッドときたらラインのセレクト

ベイトの場合、多少太くてもルアーウェートが合っていればそこそこ同じくらいの飛距離が出るところと、ラインのねじれが少ないのが良い点



近頃はいろんなラインが出てきてるが、大きく三種類に分類、ナイロン、フロロ、PE



ナイロンラインを私はほとんど使わない

軟らかいのがイマイチ好きになれず、なんとなく伸びている感じが嫌いなのだ

渓流であれば太め6Lbのナイロンも無いわけではないが、でかい湖で遠投して底を釣るとしたときにちゃんと感度が出てるのかわからなくなってしまうからだ

値段は一番安く、釣り場で見易いカラーがそろっているところは評価する



フロロはしなやかさは無いが、真っ直ぐに復元しようとする直進性、感度は評価する

比重が重く水馴染みがよく、風の吹くようなときはメインで使う

ルアーの重さに対して太いラインを使うとキャスト時にモンモンとなりやすい(ルアーの重さよりラインのはりが強い感じ)、管釣りであれば当然細いラインになる

メインで使っているのは3LB、リールのドラグ次第では2LBまで使用するがバックラ時の復帰を考えると細すぎるラインはおすすめしない

また太めのフロロは釣行前に巻いておいてスプールに馴染ませておくのがトラブルを減らすポイント、くれぐれも当時、前夜に巻くことのないように


PEは、ラインの腰はないがベイトのシャロースプールとの相性はかなり良好、細くても強度が出ているからバックラ時にピンピンと引っ張るだけでほどくことができる

遠投時の感度はダントツだか、風が吹くと簡単に流されてしまうところと、メンテナンススプレーを常備する必要がある

ベイトの場合ラインのロスが少ないから、ラインを裏返して使えるから二度美味しい

難しい点は、ラインとリーダーの結束と交換、カットのタイミング

結束はいろんな方法があるが、現場で結べるやり方を習得しておかなくてはならない

また消耗度の目安は、ラインの色抜け(一回使用でかなり抜けるものもある)、毛羽立ち、そして撚り抜けの具合

特に撚り抜けは強度が落ちると同時に、一瞬でパツンと切れることがある




結論としては、ビギナーにはPEラインのほどき易さをすすめ、慣れてきたらフロロとなる

管釣りフロロの3LBに必要応じてリーダーで調整が今のところベストだ
関連記事
[ 2016/10/24 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する