トラウト用のロッド編2

一方これからシーズン真っ只中のエリア用ベイトロッドもそれなりに出てきたなと思いつつ、どんな釣りをするのかを考えながら選ぶ必要がある

ある意味では最新のメーカーロッドは、様々なテストをしたうえで製品化されてきてるのではずれは少ないともいえる


そもそもスピニングで扱っていた1g近辺のスプーンや極小ミノーは使わないという選択から始まる

これらのルアーを使わなくてはダメな時はスピニングタックルを出した方がストレスがないのは当然だが、スピニングでもこれらのルアーをフルキャストしても飛距離はたかが知れている(ベイトの場合はリールのセッティングが相当シビアになるので手間が増えるだけ)

IMG_0137.jpg


そこで理想としては、実用2グラムスプーンでそこそこの飛距離が出て感度良く、ファイト時にしっかり曲がるもの

この曲がりは決してベロベロのものではない

というのはリールのドラグ特性との関係があり、ベイトのドラグは決してスピニング並みに出てはくれない(滑り出してくれない)ということ

トラウトが反転して走り出したときのドラグの滑り出しはパワーのないスピニングとは相当な開きがある(すぐにドラグが滑らず、大物に負けずに寄せてこれるところがベイトの良いところ

fc2blog_201601171748594f6.jpg

個人的にはドラグサウンドを入れたりとかいろいろと試してはいるが、いったん弱めておくと合わせが効かなかったり、巻いても空滑り、はたまた滑り出さずに一瞬でラインブレイクとなってしまうことがある


ここで言う「しっかり曲がるロッド」は、最後はバットが残りラインブレイクの一歩手前で余裕のできるもの、その一瞬でサミングしつつのクラッチオフやドラグの調整の判断ができるということだ


ルアーウェートを2gからとしたのは、一般的にカスタムしたリールで十分な飛距離をだして楽しめるという条件からで、3g、4g、5gと重くなればなるほど投げやすくなるのは言うまでもないが、管理釣り場ではおのずと使うルアーの重さは自主規制が入るだろうから2g~3.5g程度が実用範囲にはまればいうことなし

fc2blog_20160117174629e78.jpg

私個人が今シーズン使うであろうロッドは以下の通り

1.パームス・シルファー60UL(改)・・・ハリが強めなのでミノーイングとトップの釣り
2.テールウォーク・ルシファー60UL(改)・・・半分オートマチックなスプーンとクランクの釣り
3.スーパーサラマンダー60UL(改)・・・とりあえず何でもやるというとき

この辺りのロッドが中心、ほかにも様々なブランクがあるので気分で変わることはあるが、いずれも2g(1.5g)のルアーから快適にキャストできる

シルファーはいわゆるアタリを掛けていくロッド、アタリはあってもノリが悪ければ乗せていくルシファーにチェンジするといい感じに釣れるようになるし、ミノーのように動かす釣りではシルファーやサラマンダーの方が気持ちよく動かせるといった感じ

これらロッドは自分カスタムで組上げるために、スピニングロッドの時点でテストやキャストチェックをしてからの改造を行っているので、どんな釣りに向いているのかわかりやすかったし何より無駄な投資なくローコストで作り上げたといえる

もちろん所有中のロッドはコレだけではない
関連記事
[ 2016/10/23 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する