エアフロ カセット クラッシックLA 7/9

今回湯ノ湖で投入したのスペイ用のフライリールです



これまでは手持ちの中でラインキャパを気にしつつ使ってきましたが、ラインを変える前提で嵩張るリールを持ち歩いてました、このリールにすることでカセットとラインの重さだけで済むのは良いことです



おまけにこのリールとロッドをセットにして組み合わせることで、余ったリールの潰しが効くというものです

専用のリールバッグに本体と予備カセットが3本
1本はアトランのクリアーインターを巻き、もう1本はフローティングのスカンジショートと予備のライン、残る一つはそのまま予備で…ということです



実際に使ってみましたが、ラインを通す手間は変わらず、むしろ荷物が減ったのが一番です

リール本体を背負って歩くのは結構重かったりしますからありがたいところです



1本のロッドにカセットリールを1セットで組んでいくと、フローティングから、インタミ、シンキング2種と十分なセットにできるのは良いですね

ドラグはMINの方が少し強めに感じますが、ある程度のサイズのトラウトでなければリールファイトはやらないのでこんなものかな?という感じ

なのでキャスト前にラインを引き出す時には少し重く感じました

さすがにルックスは妥協ですが…
関連記事
[ 2016/08/28 17:00 ] マイタックル フライタックル | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する