久しぶりに湯ノ湖へ

ついにまとまった雨の降ることなく関東も梅雨明けしましたね

地元河川の水位情報はこまめにチェックしてましたが、一向に増える様子はありませんでした

ゲリラ豪雨のある中、下流域は一瞬増えて直ぐ元どおりです



ということで久しぶりに山の上~(^^)、いろは坂のあたりは雲の中になるのに登り切れば快晴



午後からの湯ノ湖は下界の暑さを避けるにはもってこい、ウェーダーの水漏れも気にしない(笑)

レストハウスで情報集取し、フライでスタート


例のごとく岸からの釣りですが、注意するのは湖底からのびる水草でして、引っ張ってきて手前に来るとグーンとくるのはほぼそれです



結構アタルんだけど…すっぽ抜け多し

つい力が入るとアワセキレ
切れた衝撃が大きかったのか?それともあまりの痛さか?トラウトがジャンプしてました

ノラナイアタリの正体は、案の定コレ



ブルっ子たちは元気ですね~



何やら峠の方には怪しい雲がかかりだしました

結果的には雨になることはありませんでしたが、湖水の濁り具合を見ると、雨で水が回らないと厳しい夏になりそうです



4時前、少し活性が上がってきたか?アタリが頻繁…でもノラナイ^^;

やはりブルっ子かと思い油断するとニジマス~みたいな(笑)


5時半まで頑張りましたが、フライのキャストは続けてないとなかなか調子が上がりませんね

アタリは岸釣りでもそこそこあるので、ポイント選びを間違えなければまだまだいけそうです

8月後半にはちらほら紅いヒメマスも出てくるし~



そしてどうも飛びがオカシイなと思い見てみたら…



ガイドが一つ飛んでましたので、帰り道にパーツを購入



まあルアーのガイドもフライのも基本は同じなのでスルスルと取り付けてやりました



原因はきっとループtoループの部分が当たった時だな…



どうやら今年は渓流に行くことなく終わってしまいそうな予感が

禁漁後の箒川でお茶を濁すことになるのかな・・・
関連記事
[ 2016/07/30 17:00 ] 湖・アーカイブ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する