UPS(国際貨物便)の動きをトレース

先日の荷物の動きをUPSのトレースコードで追跡してみました

発注したのが6/8でした

荷物の動きとしては次の通り

***********************************
Poland
2016/6/8 10:28処理完了: UPSへの引渡し準備ができました
2016/6/8 16:52 集荷スキャン
2016/6/8 17:37 発地国センタースキャン
Katowice, Poland
2016/6/8 18:20空港出発時刻
2016/6/8 19:04 空港到着時刻
Ozarowice, Poland
2016/6/8 20:12ウエアハウススキャン(在庫スキャン)
2016/6/9 15:28 ウエアハウススキャン(在庫スキャン)
2016/6/9 18:26 空港上屋スキャン(輸出)
Ozarowice, Poland
2016/6/9 20:36 空港出発時刻
Koeln, Germany
2016/6/9 22:55 空港到着時刻
Koeln, Germany
2016/6/10 6:10 空港出発時刻
Shenzhen, China
2016/6/10 22:37 空港到着時刻
Shenzhen, China
2016/6/11 3:51 空港出発時刻
2016/6/11 8:29 空港到着時刻
Osaka, Japan
2016/6/11 19:01 空港出発時刻
Narita, Japan
2016/6/11 20:20 空港到着時刻
Narita, Japan
2016/6/12 9:00 空港出発時刻
2016/6/12 10:48 空港上屋スキャン(輸入)
Tokyo, Japan
2016/6/12 20:30 配達のため現地の代理店に転送されています。配達は再スケジュールされました。

***************************************

ポーランドのショップを出てから国内便で輸送し、ドイツのケルンへ

ケルンを出た荷物は中国の深圳市へ

そこから大阪を経由して、成田から東京へ

東京からは代理店を介して6/13に配送となりましたが、上記の表にある代理店・・・となってからは追跡ができませんでした

なので受け取りについては不在となる可能性があるときは注意が必要かもしれません

もっとも小物サイズ(今回のような釣り具)の場合は、代理店がヤマト運輸になるようなので、ある程度読めると言えば読めるんですがね

大阪〜成田の移送が余計で、直接成田に来ていれば一日くらいは短縮できたもしれません



今回の感想は、

関税、消費税を入れて1300円は思っていより安かったというのと、最短で月曜オーダーで週末着もあり得るかと・・・
関連記事
[ 2016/06/14 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する