湯ノ湖…四回戦、イブニングタイム

ルアーで水生昆虫にライズする魚を狙う・・・管釣り場であれば狭いエリアに大量に魚が入っているので、それなりのマイクロスプーンで成り立つこともありますが、今回はフライタックルで夕方から始まるイブニングのスーパーハッチを狙います、湯ノ湖です



すでに体験済みの人も居るとは思いますが、スーパーハッチに合わせたイブニングは猛烈に凄いことになります

もう目の前ブンブンとユスリカが飛び、どこに投げるか迷うようなライズがあちこちで…

これが成り立つかどうかは、夕方前の風次第、早い時間に収まれば太陽が山に隠れた頃から始まります


本番は五時過ぎ、それまではある意味では探検タイムなので、あちらこちらをふらふらと…



いつもと違う景色を入れ込みつつの



レギュラーマス

そしてもはや定番?



チビブルたち


イブニングまで時間があるとはいえ、ライズを見てはほおっておくことはないでしょ~



でも日中のライズはコレが多いんだよね



ということで、タックルは…



秘密兵器のロングロッドの#5にWF-5F、フライは#14~16のイマージャー

浮くか沈むかの微妙なレンジを漂わせます



山に太陽が入ってきたらいよいよチャンス到来



ピコピコと引く誘いもありますが、基本はライズの方向に落としてリーダーの変化を見てます

表面張力で浮いていたリーダーが走ったらアタリ!



置いておいて変化なしであれば、ロッドを立てて「スーッ」と縦にイマージングを掛けてやると、コツン!

優しくはないものの、微妙な難しさがたまらないです(笑)


早めの時間帯は風裏になる処理場前から入り砂浜に撃ちながら戻るコース、スタートしたところではニジマス、ブルックの天下でして、いいペースで出ました

ハッチがどんだけ~なのか…夕暮れに小さい虫を撮るのは難しいのですが、ウェーディングした足元まで追ってきてライズします(・・;)



さてさて、今回の釣果は…?



まずはホンマスから



小さいながらもヒメマスです



間にグイウ~を挟んでヒメマス



ハヤも数匹でましたが、2年生の姫、本がでました(中禅寺湖のホンマスのサイズには及びませんがね)

ヒメマスは小さいながらもヒット後にピョンピョン跳ねて大騒ぎです(笑)

日中はなかなか難しい湯ノ湖ですが、イブニングタイムは別世界です


果たしてあと何回楽しめるのか…
関連記事
[ 2016/05/25 17:00 ] 2016年の記録 16 湖 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する