満水でアップアップ、東古屋 7回戦

昨日は久しぶりに相棒と同船で東古屋へ

最近は午後からの丘釣りが好調でしたが、着いてみれば水が満水状態、約1m以上増えた様子

先日の雨の影響ですね~折からダムの水位を上げてる時期なのでみるみる上がってきてます

koya-DSC_0695_2016041019094916d.jpg

船着き場も車を置いてすぐボートに乗れます(笑)


今回のテーマは、せっかくのボートからなので、普段は投げられないポイントを攻めるというもの



6時に出船、まっすぐ上流のキャンプ場沖に向かいます

koya-DSC_0697_201604101909519c0.jpg

途中の岬の先端には看板がありますが、それが水没しかかっています

いや~水が多いですね、こうなるとポイントと棚が絞れるか…?


今回のタックルです

koya-DSC_0696_2016041019095001a.jpg

VOLKY-BFS65+アンバサダー1500C(ブルー)+4lbフロロ・・・スプーン用

Go-Emotion-BFS65+RevoLT(アベイルカスタム)+4lbフロロ・・・ミノー用
ゴーエモンは久しぶりの登場です
昨シーズンにグリップエンドを短くしたものの、ガイドを外してしまったものを再セッティングしての登場
リール下が短いところを活かしてミノーのアクション用に用意しました


それとフライタックルです



まずはいつものポイントのキャンプ場沖でスタートします

当初はそこそこライズがありますが、なかなかアタリが出ませんね~

ルアー、フライともに不発の予感。。。

とりあえずサクラマスのライズをめがけてスプーンをキャストしてたらガツンとヒット

koya-DSC_0698_201604101909536dd.jpg

記念すべきブルーアンバサダーでのキャッチでした

その後船べりまでサクラマスがチェイスしてきましたが、バイトしません(結構スレてます)


koya-DSC_0699_20160410190947bf9.jpg


ちょこちょこと移動するも、まぁ当たらないこと…


周りを見回してもあまり釣果が出ていないようです

放流も9時ごろには入りましたが、その効果はレギュラー鱒1本のみ(苦)





午後の部の勝負と思い最上流に移動しました

koya-DSC_0702_20160410191026cdf.jpg

船の左右で水の色が微妙に違います、水の色はグリーなんですが透明度が違うんですよね

ターンオーバーではないでしょうが、ちょっとやばそうな・・・

とりあえずミノーをキャストしたらヤマメがじゃれてきましたが・・・

ならばとフライでヤマメをキャッチ

koya-DSC_0700_20160410191023377.jpg

かするようなアタリがでて数匹は追加できましたが、三時前まで粘るものの続かず、大きく移動

koya-DSC_0701_2016041019102594a.jpg


途中水面下を覗きながら行くと、事務所前は放流効果もあり、かなり魚が見えました


と、船のすぐ横に群れがみえたのでサクラ用のミノーをキャストしたまたも船べりまでチェイス、ロッドで八の字を書いたところまでチェイスさせたのに食いつけず戻っていきました・・・

ここで同じ群れを狙った相棒に待望のヤシオがヒット&キャッチ

なにはともあれうれしいものです


ふと、ポイントを読み違えたか・・・と頭をよぎりつつラスト約一時間勝負のポイントへはいりました


かなり魚が表層近くを泳ぐのが見えたので、フライのシューティングをキャスト

ラインを沈めすぎずのイメージで早引きするとガツン!

koya-DSC_0703_20160410191028e5c.jpg

やっとロクマルヤシオがキャッチできました


その合間に見えたサクラマスをミノーでチェイスさせてヒットまでいったのに、抜け上げようとしてポロリもありました

今年のサクラマスはこのバイトしてポロリがやたらと多いような気がします
この時期の放流量は昨年以上なんですけどね


その後もう一本出たヤシオマスはラインプレイクでサヨナラ

大きい声では言えませんが、バイトの数が全然違いましたのでポイントですね

koya-DSC_0705.jpg


丘釣りは増水の影響でポイントが限られてきたので、船釣りが有利なのは間違いないのです

が魚たちの行動範囲が広がったので大釣りもあればボウズもありうるコンディションになってきましたね

平日の丘釣りもポイントの空き具合次第、場所がないようであればいよいよ渓流にはいりますか~

というか、今週から月末まで超忙しく釣りどころではないのが実情です
関連記事
[ 2016/04/11 17:00 ] 2016年の記録 16 湖 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する