アブガルシアの本気度は?

釣具屋にカタログも配らないピュアフィッシングですが、やるときゃやりますね

2106年モデルのLTXシリーズはある意味ユーザーであれこれやらずとも吊るしで使えるBFリールになります



Revo LTX-BF8

acc33122868b7bae3b72eff4c1c22771.jpg
※ピュアフィッシングHPより

特徴

超軽量129g
X-MAGフレーム
C6サイドプレート
マグトラックスIIIブレーキシステムプラス
超々ジュラルミンギヤ
φ32mmスプール
カーボンマトリックスドラグ
インフィニスプールデザイン
HPCRボールベアリング
8lb-50mスプール
替えEVAフラットノブ
替えカラードナットプレート&専用工具
希望小売価格 42000円



スプール単体で6g台のスプール(ピン、BBは抜く)ですが、ラインキャパは十分、スプールサイズを33=>32と小径化したことでより軽量ルアーも扱いやすくなることでしょう

前モデルのスーパーシャロースプールで使っていられたので、新型は当然進化していると判断できるでしょう

注目のマグユニットは3mm厚x5枚と1.5mm厚x5枚の計10枚のネオジムを装着できる仕様、かつてはLTZのホルダーを探したものでしたが、この辺りはすでにクリアです

コスメ的には、従来通りのカーボンオフセットハンドルに新たにカーボンのスタードラグホイールが付き、ハンドルファスナーの色替え用のプレート、EVAノブの形状違いが付いてきます

この辺りは、あれこれパーツを買わずに済んでしまう?部分になるかもしれませんし、サードパーティーメーカーの頭を悩ませるところでしょう(より軽量化する?それとも思い切ったデザイン??)

自重もとうとう120gの大台に入りました、アンバサダー1500の半分の重さですよ~

唯一の気がかりは8.0:1で一巻き80cmの高速ギアの設定、渓流仕様であればOKですけどね


16revo.jpg
※ピュアフィッシングHPより


X-MAGフレームのLTX-BF8、アルミフレームでソルト対応のRevo ALC-BF7も同時発売です

ちなみにALC-BF7とLTXの違いは・・・

フレームがアルミ=>本体重量が少し重い141g(でも十分軽い)

ギア比が7.1:1(一巻き71cm)でドラグサウンド搭載

希望小売価格が36000円(LTX-BF8より6000円お安いです)


Revo SLC-IB 7/8、Revo ALC-IB 7/8もでますが、こちらも32φで遠心+マグブレーキの旧IBと同様のセッティング



今回のニューレボに関しては、7ギアと8ギアのみとなっているのは今後巻物用の6ギアの可能性を含んだところなんだろうか?

アルファスAIRを行こうかと思ったけど、ちょっと待ったがかかりました(笑)

4月発売ですが、予約販売のサイトでは31000円台がでています

アルファスAIRとの差額6000円はALC-BF8であればほぼ同額になるということでしょうか?
関連記事
[ 2016/03/25 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する