予備パーツ取り用になるのか?…DaiwaアルファスF(R)

唯一のロープロ右ハンドルのシルバーピクシーを延命させるために必要なものは、予備のパーツ群
(左ハンドルは何やかやで2台分確保してありますが…)

都度発注するのは面倒なので一台手配しました
今のDaiwaの対応は、部品によっては修理対応で取りたくてもでなかったり、そもそも古いものは部品が無くなっていたりしてます

alpright-IMG_0559.jpg
アルファス・タイプFです

ピクシーではなくアルファスなんですけどね…^^;


基本パーツはほぼ同じ、違いはスプールのサイズくらいなものなのでこれでいざという時も安心です

alpright-IMG_0564.jpg

例えばPixyにアルファスのサイドカップはそのままでも入りますが、スプールの脇には当然隙間が空きますのでマグユニットの入れ替えは必要です

alpright-IMG_0565.jpg

特にサイドカップに亀裂を見つけてしまったので、心中穏やかではなかったのです

上の2つのマグユニットの黒い樹脂の部分をみるとわかりますが、スプールのはまる部分大きさが違います


それではザックリとチェックしておきましょう

alpright-IMG_0562.jpg
横から見て、レベワイのカバーが微妙に・・・

alpright-IMG_0560.jpg
レベワイの部分は簡略的なPixyと少し作りこんだアルファス
TD-zのレベワイを入れるとしたらピクシーはすんなり入りますが、アルファスには加工が必要です

alpright-IMG_0561.jpg
フットの部分はそっくりそのまま...


それでは内部点検です

alpright-IMG_0566.jpg

ちなみにノーマルスプールに10lbフルライン状態では...
alpright-IMG_0571.jpg
論外の重さですね~、私にはナマズ釣りくらいしか考えられません


オーバーホールがてらバラバラにしてみました

alpright-IMG_0570.jpg

メカニカルなところはほぼ共通化です

ちなみにこのアルファスは8BB+1RB仕様です

alpright-IMG_0567.jpg

思いの外、内部のメンテが行き届いた機体でしたね

alpright-IMG_0569.jpg

余談ですが、この頃のアルファスはMADE IN JAPANです



ひとまず部品取りができたので安心してPIXYが使えるようになりました

alpright-IMG_0572.jpg

それにしても内部コンディションの良い機体、部品取りで眠らせるにはもったいないか?。。。アルファスのSVスプールも用意するか~?
関連記事
[ 2016/03/09 17:00 ] ベイトリール Daiwa | TB(-) | CM(2)

Re: こんばんわ(^ ^)

黄色い鮎が好きさん、おはようございます

そうなんですよ、古い機種に関しては部品がね~

自分の場合最新型は慌てずのんびりと…、反対に型落ち・旧型については目に付いたら手に入れる方向なのでパーツが唯一心配です

アンバサダーのように大きなモデルチェンジなく数十年継続されるリールは、現在は作られていなくてもパーツそのものは手に入りますが、国産メーカーのように数年おきのモデルチェンジでは旧型のパーツとの互換がなくなってしまうこともあります

左ハンドルは相当充実してきましたので、少し右巻きローギアをそろえてみようかな~などと思っていたりします(笑)
[ 2016/03/10 08:15 ] [ 編集 ]

こんばんわ(^ ^)

古い機体になると、部品なくなりますね〜(;^_^A
この前、私の会社の方のスピニングリールを
オーバーホールしたのですが、変えた方が無難だなと
思えるパーツを発注しに行ったら、もう無かったです。
とりあえず、再生させました。(*^^*)

アンバサダーは共通部品が多くていいのですが。(^_^)v

そいいえばこの前、2500Cの純正ドラグワッシャーを
頼んだら、カーボンワッシャー(多分?)が来ました。
目の粗いやつでしたが、あの紙の様なやつでは無かったです。

言われている様に、 このアルファスは全然使えそうですね。

右ハンドルがジワジワ増えているようですね。(笑)
[ 2016/03/09 21:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する