東古屋用タックル

いよいよ開幕しました東古屋湖

私的にはスーパーレインボーというよりもギラギラと絡みつくようなチェイスを見せるサクラマスの方が楽しかったりもするのですが…

サクラマスの放流は、解禁前に入れ、その後は連休中らしいので、出番は彼岸明けかなと思いつつ準備をします


では、今シーズンのタックルをご紹介

まずロッド

巻き用に考えているのは、キャスプロSS2160L



けっこう柔らかめ、でも管釣りロッドよりは上の重さも使えるので良いかなと

重めのスプーンをじっくりと巻き倒す用つもりですが、10g以上になると別のロッドの出番かな?(中禅寺用の76ML)


それとミノー用(対サクラマス)にVOLKY 65BFS



グリップ周りをプチ改造しました、ドスンと重いのが来た時のためダブルハンドになりましたがロッドアクションの時にエンドが服に触るのは気になります



どちらかとういと感度優先かな、フロロで組合わせるつもりです

合わせ切れが心配ですが、できるだけロッドとルアーが直線にならないようにしてティップの曲がりを活かしたい

冬の間に全然使わなかったのが心配なところです



続いてリール

東古屋での場合は、まだまだ低水温なので早巻きよりはスローが効く方が良いでしょうということでローギアメインで行きます

すでに本ブログで何度も登場している通り、テストは万全です



アルファス(赤黒)5.8G+コスギスプール+5lbフロロ

シルバーピクシー5.8G+IZスプール+6lbPEライン

イエローピクシー5.8G+プレッソスプール+5lbフロロ

予備に数台のアルファス系を...

遠投用といえばシルバーのT3もありますが、昨年パカパカを割ってしまったので今回は出番なし?
文句なしの飛ぶには飛ぶんですけどね




最後にルアー

スプーンは3.5g~7gメインに各色

派手目と地味目で勝負です

ミノーはサクラマスの実績系とヤシオマス用テロテロ巻き

サクラマスはアクションが大切になりますが、ヤシオはクランク的な使い方だと思ってます




こんな感じですかね

基本ボートからになると思うので、ショートロッドでないと仲間を釣ってしまうかも…(笑)



関連記事
[ 2016/03/10 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する