DUEL アーマードS (0.4PE)

いまさらの感じもするけどPEラインのインプレ

DUEL Armored® Sアジ・メバル
http://www.duel.co.jp/products/saltwater/d_line/saltwater_line_pe/armored_aji_mebaru/

PEラインをより扱いやすく、飛距離をUPする技術
従来PEラインより飛距離10%アップ
従来PEラインより扱いやすく、トラブルレス
従来PEラインより低伸度で感度は2倍



今回は0.4号(6lb)をチェック

とりあえずZONDA68へ50m巻いてみました



コスパは、100mで1,400円で購入はPEラインとしてはかなり買得感ありです

アジ・メバルのバリエーションが0.1号~0.4号まで、ネイティブ志向では細すぎるかと思うのであくまでも管釣りユースになってしまうかな

視認性は、アーマードSのトラウト用はイエローベース、ライトソルト用は薄いピンクベースでしたが、0.4号と細い故に見辛いときもあります

使用感は、細いわりにコシがある(メーカーの謳い文句はモノフィラのような使い勝手)、表面のコーティングがツルツルした手触りで、特にコート材は必要ないかな?

飛距離はまずまず、おニューのラインのうちは問題なく飛ぶのだろうが、使い込んできてからがどうなのか?

感度は、流石にPEラインと言うべきか…ナイロンとは比較にならないほどの高感度、比重が1.0らしいので水馴染みも良い

ファイヤーノットでリーダーを結んだけどわりとしっくりと締まった感じで悪くはない(メーカー推奨にループtoループとあったのは...)

根擦れというか毛羽立ちは、短時間のチェックでは検証できず


そして肝心のバックラからの復帰は、悪くはなかったです



唯一気になったのは、表面の樹脂コートの影響か?スプールからラインを引き出した時に巻き癖のような状態でカールしていたこと

細いラインであればルアーの重さで直進性を取り戻すはずだけど、太くなるとそれなりの重さのルアーでないと負けてしまうか・・・?

普段使っているPEではコシが無い分、直進性というか、カールするような事はなく、デジタルチックなテンションのオンオフがはっきりしているが、このラインではオンオフの辺りが少し曖昧でオフで抜ける部分がカールした巻くせに食われているような感じ

それがテンションを抜いた時のバイトが分かり辛くしているとすればNGラインとなってしまう


同じシリーズにアーマードF(0.2~0.5号)があり、ラインのカラーも同一になっているが、表面のフロロカーボン加工との比較してみるのも面白いかも


別な機会でアルファスに巻き替えてトライしたら…



ヤシオマスいただきました(^^)

ポンド的には6lbだから何とかなるちゃ~なっちゃうね

アワセ切れだけしなければ…ですが




せっかくだからもう少しテストしてみよう
関連記事
[ 2016/02/23 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する