Hi & Low

ハイギアなリール・・・1:7.0以上
A:RevoLTZ、RevoLT
D:T3-AIR、T3-SHL、KTFアルファスFC
S:BFS-XG、15アルデバランHG


中間ギアなリール・・・1:6~1:7
A:モラムSX、ZX、revo3-SX
D:アルファスFC、PX68SPR、凛牙、MONOBLOCK、STEEZ
S:メタマグDC、スコーピオンMg


ローギアなリール・・・1:6.0以下
A:アンバサダー1500、1601、2500
D:04PIXY、アルファス
S:09アルデバラン、カルカッタコンクエスト51、カーディフSDC51、カルカッタXT51


ギア比はハンドル1回転でスプールが何回転するかを表すものなので、巻き取り量は同一ギア比でも全て一緒というものではない

スプール径とラインストック量、それにギア比を掛けたもので考える

シャロースプールとはいっても溝が4mmのところにフルラインは巻かないから、頑張っても半分の2mm相当・・・となるとカタログ記載の最大巻き取り量は確保できない



ハイギアの弊害は、ローギアとハイギアを同時に使うと巻きスピードの違いで棚が分からなくなってしまうこともあるので、ハイギア系は割り切って使うほうがベター

ベイトフィネスのコンセプト通りに撃って誘ってすぐ回収~であればストレスも少ない

永遠と巻くよりは、ピンスポットで攻める釣りがいいね
関連記事
[ 2016/02/04 17:00 ] マイタックル | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する