ついでだからコレもやりましょう

09アルデと15アルデにアベイルのフルマグをセットしてビューンって感じになりました

このキャストフィールは病みつきになるもので、残るは12アルデBFS-XG

12ald-R1050741.jpg

こちらも同じ仕様に改造しちゃいましょうww


用意したのはアルミ板とアベイルマグユニット、もちろんスプールはアベイル(ハニカムスプール)

アベイルオリジナルのSVSを外してから、加工したアルミ板を取り付けます

12ald-R1050743.jpg

BFS-XG用には別仕様でマグが使えるスプールもありますが、今回は見た目インパクトを重視してます


次にマグユニットを加工します

12ald-R1050746.jpg

しかしアレですね、ハニカムスプールは全てが丸見えですね(笑)

12ald-R1050745.jpg

マグプレートの取り付けからブレーキ調整までがとてもやりやすいww

12ald-R1050749.jpg

思いっきり加工したマグユニットを入れてみました

ざっくりと距離感がわかりますか?

12ald-R1050750.jpg

このセットで苦労したのは・・・パーミングカップ側が薄いこと

ミリ単位ではありますが、内側にオフセットされたベアリング部のためにマグのスペースがほとんどない状態、なのでかなり薄くなるように削りましたよww

とりあえずフルマグから2枚抜いた状態でテストしてみましたが、結局はフルマグ仕様で決定です

12ald-R1050751.jpg

より安定したブレーキ力をもったうえでビューンです




ということで改めて、アベイル産マグブレーキユニットは良く出来てるな!っということで

第一にネオジム4φの数で強弱が調整できること

第二にスクリューでマグプレートとの距離を微調整できること

第三はマウントがちょうどベアリングホルダーの外径にほぼ合っていること

故にスプールシャフトを受ける面が塞がっていれば、多くのスプールに対応できるんですね

仮に面がブランキングとなっていたら自作マグプレートで対応可能です


これでアルデバラン3台ともにフルマグ仕様になりました

当面は8ギアのXG(管釣りボトムセッティング)、7.4の15アルデ(ミノーイング)、5.8の09アルデ(スプーン、クランクの巻き)...ギア比は違うものの用途次第で3セット体制となりました

渓流シーズンになれば09アルデも7.9に上げてしまいますが、当分はこの組み合わせでいろいろやりましょう


で、これが専用マグを使う12アルデバランのスプールセット

12ald-R1050742.jpg

こちらはネオジム3枚でスプール面の裏側に対して磁力が働くタイプ

12ald-R1050744.jpg

ただし磁石の追加ができないかわりに、スプール面への距離がカチカチっと調整できるものです



さて、いよいよショーで16アルデ-XGがでますね

15アルデベースということで、更に軽くなるはずですが、部品をどの位使いまわせるのか…

スプールはまだ先になるでしょうから、しばらく様子を見ましょう
関連記事
[ 2016/01/24 17:00 ] ベイトリール Shimano | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する