連休中のお試しチューン…15アルデ

どうもイマイチしっくりとこない15アルデバランHG+KTFフィネスです

いろいろと考えた結果、遠心ブレーキの効きにバラツキを感じたのでもはや定番チューンをしてみることに…



用意したのはいつものコレ



アベイルのシマノ用スクリュー式マグネットブレーキユニット


作業前にスプールから遠心ブレーキを外しておき、パーミング側のブレーキダイヤルを1(最弱)にしておきます

今回のカスタム方法では、ブレーキユニットをパーミングカップのベアリングホルダーのパイプに取付けるので、外側からの調整は出来なくなります


アベイルのマグユニットのベース側の足の部分を適宜削り取ります

ベアリングホルダーのパイプ外径が約12ミリなので、取付け部分のユニット内径を合わせる必要があります



ベースだけ載せるとこんな感じになります

パーミングカップのブレーキダイヤルを1にするのは取付け部の深さを取るためで、スクリュータイプにしたのは少なくともパーミングカップを開けば無段階に調整可能なためです



マックス設定では確実にマグネットが効いてます



ミニマム設定ですが、スクリューを一番奥まで締め込んだ状態です

エアーで回した感じでは、ノーブレーキでした




エゲリア53Lでスモールプラグ(2gチョイ)を投げてみましたが大分良い感じです

この後、0.5のアルミ板でマグプレートを加工してスプールシャフトの面に着けてあげます

フルにネオジムを入れてるのでバッチリ効きますよ~♪

新春一発目、テストが楽しみになりました

関連記事
[ 2016/01/02 17:00 ] ベイトリール Shimano | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する