ABU Morrum SX

アンバサダー1500シリーズの後継としてのモラムSX1600シリーズ

ネット検索でアンバサダー1600で引くとモラムですが、1601で例のアンバサダーを探そうとしたときにモラムばかりになるのが面倒ですが、明らかに別物です



バリエーションも結構ありますが、我が家モラムはSX1601IVCBと1601ウルトラマグ(ボディ)



兄貴分で3600シリーズもありますが、そちらは一回り大きいので私は1600です

ボディーサイズはアンバサダーを少し大きくなったようでも、素材が軽量化が図られたのでなかなか軽快です



メカ的にも進化して、スプール回りもフリースプールになり、ギア比も6.3です

従来はシマノ同様に通しシャフトで連結されてましたが、ピニオンの部分でクラッチオフで分離するようになったので、キャスト時のストレスが減りました



IVCBはスイングアーム式の遠心ブレーキで本来はシューが2個のところ私のは倍にしています


ウルトラマグはネオジムを使ったものなんですが、あとから出てくるZX用に外してしまい、遠心仕様でパーツ取りです



一台だけアベイルスプールを入れています



メインギア回りがジュラルミンになって軽くなったものの、リトリーブ時のシャリシャリ感が出やすくなったような気もします

中古で購入するときは少し注意が必要かもしれませんね

初期型のSXには外部調整機能のダイヤルのついていないものもあるので、それはスルーしましょ


発売当時からZPIのカスタムがあったりと、ベイトカスタムの基本の一台ですね



スプールも交換したいところですが、なによりローダウンクラッチを入れると感動します
関連記事
[ 2015/12/21 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する