管釣りイブニングにて・・・

近所の管釣り場にて、夕方の四時から3時間のイブニングチケットでタックルチェック

spr-DSC_0491.jpg

はい、久しぶりのカージナルです

先行してツインパをチェックしたら、まさかのトラブルでしたがこちらはどうでしょう?

特にOHすることなく持ち込んだのと、ラインが数年前からのPEなんですよね



先行者のいない状況で、魚たちはボコボコと派手なライズをしている状況

普通ならばフライタックルで水面を叩けば相当釣れるのは明らか・・・
(コカゲロウ、カディスのハッチも盛んにありましたね)

そこをあえてルアーで、スピニングで、スプーンで・・・コリャアホダナ

spr-DSC_0492.jpg

トップ下から軽い系のスプーンを通していくと、ガチーンとハートランドを曲げてくれました

しかし、このロッドでは1g台のスプーンはとっても投げづらい、そんなことならベイトタックルのほうがもっと投げやすかったりもします


しばらくカージナルでスプーンを使っていましたが、ついに我慢できずベイトタックルを持ち出してトップウォーターに!

spr-DSC_0493.jpg

やっぱこれだな~、ガツーンとくるバイトは一味違います

が、ライントラブルが発生し、数本キャッチしたところでスピニングタックルへ戻ります


しばし釣りながらカージナルのドラグのセッティングをしておこうかと考えましたが、スピニングは微妙に難しいですね

緩めるといくら巻いてもドラグ音ばかりで寄ってこないし、締めれば締めたで突っ込みでラインブレイク

ベイトの時は結構ごり巻きで寄せてしまうのに、タックルが違うだけでこうも違うものかと・・・


それとアタリの感覚がかなり違いました

普段はハンドリングの感覚で何となくアタリがわかるものですが、スピを久しぶりに使ったら、いきなりのフィッシュアラームのようにドラグが出て向こう合わせ的に乗りました(当然乗らないアタリも多数あり)

一番の要因はフックを交換していなかった事だとは思いますが、乗らないアタリもそうとうあったな〜

ロッドは慣れていないのと、トラウト用には張りがありすぎるハートランドということもあるんだろうな〜とか思いつつ・・・


真っ暗になってしまうと、何が何だかわからないままで終了となりました



後から来たルアーマンは、コンスタントに釣っていたようなので私のスプーンのチョイスが違っていたのでしょう

それにしてもヒット〜ランディングまでドラグを鳴らしたままファイトしてるのは、相当細いラインを使っているのでしょうか?
それともドラグのセッティングの仕方が分からないのか・・・・
そんなやり取りをしてると、リールのドラグワッシャーが痛んでしまうと思うのですがね〜



***本日のタックル***

ハートランドZ 601

アブ・カージナル33+Avail スプール

PE04+2LBフロロリーダー

アベイルのスプールに交換したからというもの、ライントラブル(放出時のバックラとか)はなくなりましたね

ノーマルスプールだと、ラインの巻き方が悪いとズボッと飛び出ることがありましたが、きれーにラインが出ていくのでストレスがありません

PEを使っていると、ラインローラーの関係で糸撚れが出てきたのがわかるのが少しあれですが、ここをIOSのヤツにすればもっと良くなるのかも

ハンドリング時にガジガジいうのもちょっとうるさい気もするけど、一定のスピードで巻くためにはアリかも

ドラグをファイト中に調整しようとすると、とっさの事でプラスに回してしまったりして・・・
関連記事
[ 2015/11/13 17:00 ] 管理釣り場・アーカイブ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する