アンバサダー1000・・・その3(クラッチボタンを)

さて1500cのパーツの比較をしてみたところで、惜しくも単純な入れ替えでは済まない事がわかったAMB1000です

ならばと釣具屋で正規のルートを使って25cのクラッチパーツを手配しました

※これは流用、改造を目的としたものなので、単純に入れるだけでは使えません

#10369のクラッチアームです
(ピュアで取扱いとしては、パーツリストでとり出せるAMB2500cとなるわけですが、15cと25cのパーツ番号は共通です)

はたしていつ届くのかは、ピュアフィッシングと神様しかわかりません;^_^A



とりま、予備パーツの手配ができたので黒のAMB15cから再度取り外します

ab1k-DSC_0443.jpg

合わせてもともと付いていた折れたクラッチボタンも取り出します



まずは折れた方からボタンの頭の部分を切り取りです
ab1k-DSC_0444.jpg

カットするのはリューターを使ってすっぱりと行きましょう

長めにカットして後ほど調整しましょう



続いて15cから取り出したアームのボタン部分を加工します

ab1k-DSC_0445.jpg

ギザギザと成っている部分を切り落とします

続けて折れた方からカットしたものを合わせて成形です

ab1k-DSC_0446.jpg

15cのリンクをはめておいて、延長部を合わせて斜めになっていないかを確認

ab1k-DSC_0447.jpg

二つを組み合わせて必要なストロークが確保できればOKなので、位置的に問題なければ接着します

ab1k-DSC_0448.jpg

今回の接着方法は、ハンダコテを使った熱溶接です

合わせ目を4方向から接合し、整形して完了です


ab1k-DSC_0449.jpg


これでスムースにクラッチのON/OFFができればいよいよ実戦投入なんですが、少し引っかかる感じがあふので、すり合わせをやりますかね…

ab1k-DSC_0452.jpg
関連記事
[ 2015/10/29 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(2)

Re: こんばんは(^ ^)

黄色い鮎が好きさん、こんばんは

こんなワークでとりあえず使用可能になりました

樹脂の熱溶接は臭いが結構ヤバイですね

2週間できましたか〜、早い分にはウェルカムなんですけどね
[ 2015/10/29 19:52 ] [ 編集 ]

こんばんは(^ ^)

なんとかなったようですね。d(^_^o)
次は、実釣ですね。(^_^)v

このクラッチパーツ、私の2500C用を頼みました。
耐久性が心配で、予備として頼んだのです。(^_^)v

私の時は2週間程で来ました。

[ 2015/10/29 19:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する