アンバサダー1000・・・その2(プッシュボタンの可能性)

今回は、結構てこづっている私です(汗)



さて、まずはパーツ取り候補のAMB15Cを用意、開いてみました

ab1k-IMG_1759.jpg

見方にもよりますが、AMB1000のメリットとして評価できる点といえば・・・レベワイの位置が15cよりもスプールよりも離れている点かな?

ガタイのデカさは、プラッガーを使っている身にしてもちょっと大きい・・・けど非円型なデザインは魅力の一つです

ab1k-IMG_1760.jpg

スプールサイズを比べてもこんなに違います

そう、このAMB1000の規格はAMB45シリーズに近いものの、内部の構造は結構な簡略版

だってレベワイ連動ではないし、サムバークラッチでもない(XLシリーズはサムバーだよね)

ab1k-IMG_1761.jpg

さて本題に戻りますと、メカプレートを15cと1000を比較します

基本的には同じようなものですが、レベワイを連動させるウォームシャフトの向きが真逆です

1000はメインギアから直接駆動力を取り出してますが、15cはいったんスプールシャフトを介して動かしています

ほかの部分はおおむね同じ構造でクラッチ周りも共通化??

ab1k-IMG_1762.jpg

メインギア、ピニオンを比較すると微妙にサイズが違いました

もっともピニオンギアの部分が違うので移植はNGでしたけどね

ab1k-IMG_1763.jpg

さあ、今回15cをばらした最大要因がこちらのパーツ、プッシュボタンのパーツです

上が15cのもので、下が1000のものですが、爪の部分はほぼ同じようです

ただプッシュする部分の長さが結構違います


現状ではボタンを押し込んだ時にうまい具合にクラッチが切れる時と、そのまま戻ってきてしまう時があるので釣り場で快適に使うには程遠い状態です

ab1k-IMG_1764.jpg

裏返して抱合せてみるとこんなにも違っています

ab1k-IMG_1766.jpg

まずは15cのパーツを取り付けて見ましたが・・・プレートと同じ位置にボタンの頭が来ています

ということは、このままではプッシュボタンを押し込むことはNGですね

ab1k-IMG_1765.jpg

ちなみに押し込んでロックされる位置まで入れてみました

シャフトを取り付けて回したところでは、通常通りクラッチをリリースすることはできましたが、この位置までいかにして押し込むかが課題となります

だいたいこんなやり方でいくだろう・・・という考えはありますが、まずはパーツの手配ですね


ab1k-IMG_1767.jpg

それとドラグワッシャーです

ダイワのものから適当にサイズの合うものを入れときました

ab1k-IMG_1768.jpg

ついでにスタードラグもアベイルの五本爪の赤に変えてやりました


少しづつですが、デビュー先がみえてきましたよ~(笑)
関連記事
[ 2015/10/28 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(2)

Re: こんにちわ(^ ^)

黄色い鮎が好きさん、こんにちは

25、15シリーズは、古くてもあれこれとパーツが豊富なんですが、1000番2000番は正直ないですね~(@_@)

1000番用のシャロースプールが唯一かもしれませんが、リールのコンディションがイマイチなので今回は見送りです

とりまクラッチは手持ち流用でなんとか…かなぁ?
[ 2015/10/29 17:54 ] [ 編集 ]

こんにちわ(^ ^)

あまり見ない機種ですから、レストアが
大変でしょう。(;^_^A

2500Cなんかだと、まだパーツは手に入りますけど、
1000もまだ、パーツあるのでしょうか?

クラッチのパーツがなんとかなれば、いけそうですね。

でも、なんとかなりそうな感じですね。d(^_^o)
[ 2015/10/29 12:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する