アンバサダー1000の続き・・・その1

さて、昨日の続きです

なかなかのBADコンディションのアンバサダー1000、これを最低でもナマズ釣りに使えるようにいたしましょう



まずはパーツ洗浄からです

細かい部品は瓶の中でパーツクリーナーのシャワーを浴びてもらい、大物パーツは洗面所でハンドソープをつけてブラッシングとパーツクリーナーで頑固な油を落とします

注意するのは、黒い樹脂パーツにパーツクリーナーをかけてしまうと、乾いた後に白く粉吹き状態になってしまいます
またCRC系のスプレーも侵してしまうことがあるので気を付けましょう

ab1k-DSC_0434.jpg

洗浄が完了した大物パーツですが、結構汚れがこびりついていて大変です

細かいところは綿棒できれいにしましょう


それと細かいパーツ群は、しっかり乾燥させておきましょう



それでは組戻しをしていきますが、最初はパーツのあたりを見るためにノーオイルで組んでいきます

ab1k-DSC_0436.jpg

折角なのでブロンズブッシュをBBに交換、2BB仕様となりました

ab1k-DSC_0437.jpg

メインギアの中のドラグワッシャーはオイル切れで乾いてしまったようで、カパカパでしたがとりあえずそのまま戻します

ab1k-DSC_0438.jpg

各所のパーツをセットしてメインシャフトを回してみます

最初はぎこちなかったのがスムースに回りだしたので、機関部には深刻なトラブルはなさそうです

ab1k-DSC_0440.jpg

ノーオイルの状態ですべてのネジをクローズして、回して違和感がないか?確認したうえで機関部を開いてグリスアップし完了です



この後のメンテナンスメニューは、

プッシュクラッチの交換(パーツの互換性を確認してみたいので1500番を開けるか・・・)

ドラグワッシャーの交換(これも1500番から移植する?)

エコマイザーの製作(EVAのリングでも押し込んでみる?)

塗装。。。。。

ab1k-DSC_0441.jpg

とりあえずマッキーの赤で。。。

ab1k-DSC_0442.jpg

傷は残っているものの、パッと見は????

やっぱり目立つからパテ盛りからの塗装しなおしか・・・
関連記事
[ 2015/10/27 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する