あなた、もとに戻せるの?・・・スピニングOH

ロッドのテストのはずだったのに、こちらのリールの方が問題だったとは・・・トホホ

シマノ ツインパワー1000Sです



コンパクトなリールなもんで、管釣りルアーをやり始めた時に用意してずーっと残したリールでした

しばらく使わなかったので然メンテナンスもせずに来たので、当然と言えば当然の結果です



ということで、オーバーホールをやってみますか

元通りに戻せるかが大きな課題(ベイトリールは展開図なしでも戻せるんですけどね~)

まずはザックリとバラしました



スプール、ボディー、ハンドル


今回の重点ポイントはローターの機部の黒いベタベタ



ローターに書いてあるのが「スーパースローオシレーション」

今のダイワにはハイスピードウォームシャフトがありますが、思想の違いということですね

まずはローターから外していきましょう



スプールを受けるベアリングのところにピンが有りました



ネジを外してから、ナットを緩めます



スルスルっとローターが抜けワンウェイクラッチが見えました



コレです、ベタベタの黒いやつ



当然コッチにも付いてます



とりあえず削ぎ取ったのがコレ↑



その後は機関部を開きますが、どうもベイトリールと勝手が違うんです



自分的にこんなにバラして戻せるのか…?

外す順番が悪いと外せなかったりしてね



白くなったグリスがビッチリとついてました

パーツクリーナーを吹き掛けてきれいにしつつ、組み戻します



するとこんなナットが出てきて、あれ??となるわけです(笑)



ここまで組んでハンドルを回したら…左右どちらにも回ってしまう~( ̄O ̄;)

原因はワンウェイクラッチにはまるスリーブの向きを間違えてました



最後にラインローラーをきれいにして終了

部品が余ることなくて完了できました


組み上げ後、ハンドルを回してみた感想は・・・

う~ん、いい感じ(笑)

ベイト同様にヌメ~な巻き心地になりました





さて、例の黒くてベタベタしたやつです

パーツリストで確認したところ、あるべきゴムのような部品がありません、なので「フリクションリング」ではないかと

お値段300円、このお値段では重要なパーツなのか?わかりませんが、ネットで調べてみると結構な確率で経年変化によるトラブルを起こしている模様

数年そのままで使っているようであれば、ぜひチェックしてみると良いと思いますよ
関連記事
[ 2015/10/24 17:00 ] マイタックル | TB(-) | CM(4)

Re: Re,Re: フリクションリング

あらら、大分深刻ですね~(@_@)

ベイトでは高切れ連発で泣いたことがありますが、それがスピニングでも起きるとなるとヤバイです

使うのは当面控えましょう
[ 2015/10/24 19:34 ] [ 編集 ]

Re,Re: フリクションリング

ローター回って糸が切れてルアーが飛んでいけばラッキーで戻ってきて竿が折れることもありますよ

黒い奴は切れて隙間に入り込み巻いている間に熱で溶けているようです 

黒いのはゴムっぽいですがグレーのは軟質プラスチックっぽい少し硬めの素材でした
[ 2015/10/24 19:30 ] [ 編集 ]

Re: フリクションリング

tomoさん、こんばんは

やっぱり重要パーツだったんですか(*_*)

部屋で素振りしたとこは何となくいけそうだったんですが、何やら不穏な空気がながれきましたね

色が変わったということはそれなりに耐久性などの問題に対処したということなんでしょうか

メインのリールではないので、あとでパーツを頼んでおきましょうww
[ 2015/10/24 18:55 ] [ 編集 ]

フリクションリング

フリクションリング無しで組んだんですか?
こいつが無いとベールを起こしたときにローターが回ってしまいキャスティング中にベールが戻ってしまう事がありますが
数年前に材質の変更があったみたいで別のリールメンテした時に色が黒からグレーになっていましたよ
[ 2015/10/24 18:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する