ハートランドZを使ってみる



スピニングのままのハートランドZです

細身のカーボンソリッドブランク、本来的にはネコリグなんかをネチネチとやり続けるロッドなんだろなー


が、私がこのロッドに求めるところは、管釣りのスプーンを使った釣り

ミノーをやってできないことはないけど、きっとやってもクランク

しかし、そこそこの重さのあるルアーであればベイトタックルでやってしまうので、ほんとに使うタイミング少ないのはミエミエ


とわいえ、実際のところはどんなもんだい?とテストしてきました



ロケーションは近所の管釣り場

そういえば今年はあちこちで釣り代が値上がりしてますね

まず持ち帰ることはないのですが、回数行くとなるとお財布には優しくないし、挙げ句に釣れないとしたら管釣りトラウトを止めることになる人も出てくるでしょうね



用意したリールが、シマノのツインパワー1000S、実際はDAIWAの2004クラスの方がバランスがとれそうです

しかもこのリール、数年使っていなかったものでノーメンテ…ラインも前回巻いたままの3lbナイロンライン

こんなんでダイジョブか~?とか言いながらスプーンでスタート

魚たちが浮いている気配があったので、浅目のレンジをトレースするべくキャスト~!


あらら、どこへ行ったのか?滞空時間が長い割に飛んでない

おまけにリトリーブするにも、なにやらローターの動きがおかしくスムーズに巻けない始末


やってしまったか…よくよくみると、ローターとフレームの間に黒いベトベトしたものが出てきてるぞぉ~



なんかヤバそうな雰囲気だったものの、しばらく回していたら普通に動くようになったので、そのまま続行します

キャスト~、マキマキ~

ゴン!

ビビビビ~(シマノのドラグ音)



おぉ~釣れた~(^-^)

ベンディングも悪くないですね

トップガイド+6個のガイド構成は、数的にちょっと古い設計か?

ベリーからティップにもう少し付けても良い気もするけど、重くなるのはNGかな

ヒットしたあとは、バットで溜めてれば魚が寄ってきます


調子に乗ってもう一本



キャストには戸惑うものの、アタリを取ることに関しては人間の方でアジャストして、なんとかなった~

なかなかロッドまで伝わってくるバイトがないものの、空中のラインを見てるとバイトしたのが分かりました

それにしてもなかなか狙い通りのところまで飛びません

人が多いときはNGですね


元がバスロッドなので強すぎるかと思いましたが、自分的にはこのくらいのパワーは許容範囲

まさにシメシメといったところ

ただし、スピニングのドラグの合わせかたを忘れてました

ベイトタックルでは、ほぼゴリ巻きで寄ってくるのに、スピニングだとドラグが滑って結構時間が掛かるものなんだな~と…

まあラインブレイクはありませんでしたけどね



次回はカージナルで試すかな


因みにオリジナルのコンセプト=〉ハートランドZ
関連記事
[ 2015/10/22 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する