水害から1週間

春の時期に良く行った里川は、いち早く増水し氾濫したと聞いていましたが、ちょっと様子見に行ってきました

普段は川幅数メートルで水深数十センチのところなんですが、いまだ水量が多い状態です

途中の農道では切り株やら倒木の破片が散乱しています

rivr-IMG_1463.jpg

土手を走ろうとしましたが、同じようになっているうえに、護岸が一部崩れているところもあり危険につき中止です

ここは明らかに決壊してました

rivr-IMG_1460.jpg

右側の護岸が崩れたうえでその奥の田んぼに向かって砂利が流れ込んでいます

いつもであれば、右側護岸したが深くなっていてヤマメが出てきたんですけどね~

川を越えたゴミというか流下物が木に引っかかっていまいしたが、ものすごい量でした

rivr-IMG_1461.jpg

このゴミの下流側には家もありましたが、かなり酷いことになっていました

同じところを上流から見ると川幅の広いところにもかかわらず、相当上まで水が来たことがわかります

rivr-IMG_1462.jpg

土手のところにも相当量の流下物がありますね

手前道路の向こう側が砂利になっていますが、もともとは田んぼです

rivr-IMG_1464.jpg

砂利が田んぼの稲の上に乗っていますが、いまだ稲刈り前・・・

とても悲しくなるような光景でした

まだ道路の通行止めの部分が一部残っていましたが、そろそろ復旧してきてほしいところです

残念ながら、今期のネイティヴ釣行はこのまま禁漁となってしまいます

なんとも残念なシーズンとなってしまいました
関連記事
[ 2015/09/17 20:14 ] ブログ | TB(-) | CM(2)

Re:

YUKIさん、こんにちは

コメントありがとうございます

北関東の今シーズンは、天候不良から渇水となり、お盆以降の長雨となり今回の台風となりました

例年のパターンがないまま渓流は終了ですね

自然の力の前に、ヒトの力は本当に無力ですね
[ 2015/09/18 10:59 ] [ 編集 ]

遅れ馳せながら・・・

幸いにして我が岩手はさほどの被害も受けずに済みましたが、そちらはかなりの打撃を受けた御様子
まずはご無事でなによりでした

以前茨城県のつくば市に住んでいたこともあって、鬼怒川の氾濫は他人事とも思えず、ニュースを食い入るように見つめてしまいました
震災時と同様、大自然の前には人間の力などちっぽけな存在なんだなぁ、とつくづく感じる次第です

釣り人にとっても、なんともやるせない終焉と言う事で・・・・
[ 2015/09/18 09:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する