渓流用ロッドのまとめインプレ

リールの方は先にアップしたような感じですが、今回はロッドです

渓流がクローズしたので、以下のロッドは基本箒川C&Rで使うのがメイン、あとはポンド型管釣り場用のロッドにシフトします



さて、一番よく使ったのは、エゲリア53Lでした

もとはスピニングのものをベイトロッドに改造したら、その後プロダクトモデルがでたというなんとも笑えないロッドです

river-IMG_0360.jpg

ネイティブ用のロッドなので、スピニング用でもヘビーシンキングミノーの操作性をもっているので手にした瞬間にベイト化したものです

なかなかトラウトベイトロッドがなかったので、このエゲリアとメジャークラフトのロッドで状況が一変しましたね

硬く感じたので弾くかなと思いましたが、意外とバイトをしっかり受け止めてくれます

短時間で難しく考えずにミノーのテストというときには、迷わずこれでした

どのリールとも合わせやすいのも良いですね

4フィート台のロッドも出ていますが、もともと渓流で8フィートのフライロッドを振っていたので、あまり長くは感じません

やぶ沢のようなところにいくならもっとショートでもいいかもしれません




チューブラグラス5.1フィート(チャンピオンフェルール仕様)

去年作った赤バージョンと今年作ったオレンジバージョン

riv-DSC_0230.jpg

ベースは共にスミスのB-AREA FUN 4.3フィートで、中古ロッドを分解して組み上げたものです

riv-DSC_0246.jpg

4.3のリールシート、グリップ部もブランクとして活用し、フェルールでハンドルとコネクトすることで有効レングスを伸ばしました

渓流域から箒川のデカニジまで対応するなんでもありのブランクです

軽いスプーンからヘビーシンキングまでキャストできるティップ、ゴーマルレインボーまで寄せてくるしっかりとしたバットです

バス釣りではパワー不足でしょうが、トラウト系であればピッタリのロッドです

赤、オレンジと作ったので、今度はブラックで作りたいですね




5.1カーボンソリッドブランク+レスターハンドル

あまり登場の機会がありませんでしたが、オリジナルで作ったロッドです

20150805144340412.jpg

少し硬いかと思いますが、そこはソリッドの良いところで掛かるといい感じで曲がります

どちらかというと渓流で遊ぶような気持ちでリールをチョイスした時に出番です

もっとも今期はミノーのテストばかりやっていたので遊ぶ余裕もなかったかもしれません





パームス・シルファー60改

柔らかいスピニングロッドの多い中、やっと手に入れたシルファーを一年近く寝かしてからのベイト化でした

rivr-DSC_0335.jpg

長さが6フィートあるので普通の渓流では使いにくいのですが、開けたところや箒川ではなかなか良い感じです

ロッドも軽いし、感度良好です

比較的細身のブランクに見えますが、それでいてしっかりしています

この秋以降のポンド型管理釣り場でのスプーン系の釣りにちょうど良さそうです

ただしマイクロガイドセッティングなので、気温次第では使えなくなります



ほかにもいくつか使いましたが、プロダクトモデルのロッドが一本もないというのが・・・(笑)

すべて改造品となっているのが私らしい?


ブランクスルータイプよりもセパレートブランクにオフセットハンドルの組み合わせが多かったのは、気分やリールとの相性などで様々な組み合わせが可能なのがメリットの一つですね

ブランクが同じであれば、ハンドルが変わってもキャストなどに違和感なく対応できるのが良いところです



それと、それなりに各メーカーからトラウト用ベイトロッドが登場した今年、果たして皆さんの評価、感想はどうだったのでしょう?

大御所のダイワ、シマノからのロッド投入がありましたが、あまり現場などで使用しているのを見なかったような・・・

一方では、老舗ロッドメーカーやルアーメーカーの廃業もありました

細分化する釣りの世界、圧倒的にスピニングタックルのユーザーの多いトラウトの釣りでベイトロッドを出したことがメーカーの重荷にならなければよいのですが...

個人的には大メーカー(相当数のバリエーションと生産ロットが必要)というよりも、ショップ単位で良いブランクを選んでの小ロット生産販売で良いものを作っていくのがトラウトベイトロッドの理想かなと思います
関連記事
[ 2015/10/03 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(2)

Re: ベイトロッド

パニさん、おはようございます

D社、S社が入る事で普及モデルが一気にかと思ったら、以外に高いものになったのが残念でしたね

P社、M社のコスパがかなり良いので、そこまでは...とうのが正直なところだと思います

それだけ採算ベースに乗せるのが難しかったのでしょうね(スピニングロッドほど売れないし)

シルファー改は素材としてもかなり優秀なブランクですね

私のはグリーンのブランクですが、ブラックのブランクも捨てがたい・・・ですが、なかなか見つからないのが惜しいところです
[ 2015/10/05 07:44 ] [ 編集 ]

ベイトロッド

大手メーカーも参入してきましたが、蓋を開ければ案外高額…これではコスパもありませんね。

パームスやメジャクラ見習ってほしかった。

シルファー改、自分も作りましたが、しっかりしたバットで箒川SPって銘打ってます(笑)
[ 2015/10/04 21:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する