渓流で活躍したベイトリール・・・その1

早いもので一般渓流はく終了し今後は唯一?ストリームで楽しめる箒川C&Rがメイン会場となりますね



さて、ベイトリールです


基本はフィネス系のセッティングで2g(1gもたまに)からのスプーン、ミノーを使う前提ですから、1ozとかを扱うのとはわけが違うということを念頭にです


ほぼ毎回のようにリールを交換したので集中して使ったものはありませんでした

また、春先は里川、その後は湖(そもそもタックル仕立てが変わる)を経て、7月から本格的に渓流となったので、私的には正味3ヶ月あるかないかの期間です


その中で使用したリールのインプレを展開してみましょう




まずは、ダイワから


アルファスフィネス・KTF

riv-DSC_0199.jpg

キャストそのものが快適なリールなんですが、スプールの底面がフラットでないのが気になります(KTFスプール全般に言えますが…)

バージョン1の固定ローターは、キャスト時の腕の振り具合でコントロールするのにとても使いやすいです

ギア比もオーバー7なので、どこでやっても安定した巻き取りが出来ました

ノーマルのフィネスカスタムよりも値ははりますが、その価値はあるかと思います

PX68SPR・アベイルマグ仕様

fc2blog_20150608190446778.jpg

ピクシー用のFSSスプールのローターを外したところに、アベイルのマグユニットを搭載してのリールです

シャフトを受ける面にブランキングが無いがために可能なセッティングですが、これがまた良いのです

68ギアに32Φとなりますが、軽快にキャストしていくのには充分な軽さとブレーキの効きです


モノブロックXRL

20150821171603734.jpg

オフセットハンドルを使うとなれば出番です

ISスプールと68ギアで安定しています

飛距離、巻き取り共に優等生です

ドラグの調整が大型化したツマミとなることで、大変使いやすいのは良いところです

34ΦのISスプールは、何個あってもよいもので、見つけ次第ゲットを目指しています


ZONDA68

rivr-DSC_0156.jpg

アルファスKTFと比べてどうなんだ?というところですが、全体のコスメはメガバスがやっただけに満足感はあります

KTFはまんまにパーツ交換ですからね

こちらに搭載しているのは、ZONDAフィネススプールですが、カラーは1色のみでシンプル(選び用がない)で、スペックはそれなり

でもとても使いやすいものになってます

68ギアと33Φなので、激流となると物足りないところもありますが、一般渓流では充分な性能を持ってます



シマノ

09アルデバラン・アベイル仕様

fc2blog_20150312174133410.jpg

もう旧型になってしまったアルデバランに初期型のアベイルスプール、そして専用スクリュータイプのマグユニットの組み合わせです

マグユニットはフルにネオジムを搭載しているので、バックラの雰囲気すらありません(笑)

ギアについてはノーマル5.8、ハイギア7が純正でありますが、このリールについてはKTFのハイギアを入れてあるので巻き取り量はさらに増やしてあります

クラッチの高さが気になりますが、使っているうちに慣れてしまいます

完成度は一番高いリールかもしれません


12アルデバランBFS-XG・アベイル仕様

fc2blog_2015031615121864e.jpg

早春期に使っただけでしたが、8ギア搭載のこのリールはノーマルでもそれなりに使えるフィネス専用機としてのポテンシャルはあります

アベイルのハニカムスプールを入れて少なめにラインを巻くと、キャスト時にラインがきれーに抜けていくのが爽快です

サイドプレートの脱落の危険性があるので、現場での開閉は要注意です

またサイドカップの開閉をしているうちにキャスコンが緩む(締まることもあってもこちらは問題にはならない)ことがあるので注意です


15アルデバラン・KTFフィネス仕様

rivr-DSC_0053.jpg

シマノ最軽量ベイトリールですが、ホントに軽い(笑)

デザイン的なものは見慣れたせいもありますが、ほかのリールがチャンピオン系のオフセットハンドルに取り付けできるのに、これだけはほぼNG

ロー&ワイドなボディーで重心も低く出来上がっています

サイドカップについたSVS-∞のダイヤルでブレーキ調整ができるのはなかなか便利

アベイルのスプールが出てないのでKTFを入れましたが、ノーマルスプールはXGよりも明らかに09アルデを意識したものなので、トラウトを含むフィネス系で使用するにはシャロースプールは必須です

ノーマルでHGをチョイスしたので、巻き取りに関してはスピード感の不足は感じません


カーディフSDC51

20150713201811125.jpg

ラインの巻き量でブレーキのセッティングが変わってしまうのがポイントではあるものの、そこを理解すれば自分なりのセッティングも可能です

まったくバックラしないかというと、そうでもない(笑)

谷間に響くキュィーン音は、遠心やマグにないものです

渓流域の川幅であればさほど飛距離に不満がでることはないものの、巻き取り量は不足しているように感じてしまいます



のこりは明日のアップです


うーん。渓流とはいえニジマスの写真が多いなぁ~、北海道じゃないんだけど。。。
関連記事
[ 2015/10/01 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(2)

Re: タイトルなし

uniさん、こんばんは

いろいろ使いすぎるとわけわからなくなるのでまとめています

が、こうすると一度も出番のなかった奴が出てくるのが悲しいです(笑)
[ 2015/10/01 20:51 ] [ 編集 ]

ヨダレが出ます!次回は憧れのあのリールが・・
[ 2015/10/01 19:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する