テスト2・・・15アルデ51HG+K.T.F

15アルデ用のフィネススプールが手に入ったとなればノーマルで実釣していませんが、フィネスの実力を試す意味でテストしてみましょう



今回使うロッドは、エゲリア53です

※ノーマルスプールは庭でテストしたのみなので、この時点で15アルデバラン51HG フィネスカスタムとなっています
なので、今後のインプレなどはカスタムした結果のものになります
ノーマルコンディションのインプレとは違う事を念頭に・・・



まずはブレーキのセッティングを出していきましょう

4gのハンドメミノーを結び、キャスコンを当てつつ、シューを2on/ダイヤル6でスタート

流石に失速感が強くダイヤルを段階的に落としていきます

2on/ダイヤル3まで行ったところで、シューを1onにしたら気持ちよく伸びていくようになりました

ここで2on=>1onとするのは、ブレーキのセッティング幅を確保する意味もあります

ノーマルでは1onダイヤルMINで投げられました・・・というのはセッティングの幅がないということです


ここで適宜キャスコンを調整してあげてストレスのないキャストができるようになったので、ブレーキはOKです



リールの重さについては、シマノ最軽量とはいうものの、重さはあまり気にならず、軽いといえば軽いかな~って感じ

それよりもパーミングしたときにBFS-XGよりも横に広く感じます

高さがないのでパーミングしづらいということはありませんけど、この辺りは至って普通のリールです



アルデバランも09モデルからBFS-XGときて3代目

ブレーキシステムそのものは確実に進化してきてます

BFS-XGにはシューが8ケついたのには驚きましたが、外部調整ダイヤルのついたところやは正に進化といえるともいます
(古いモデルですがスコーピオンMg1000にもありましたね)

フィネスキャストの肝は、軽く回ってピタッと止まるということ

このブレーキシステムに関しては、まだまだ未知数です(慣れていないという意味)が、4ケのシューに無段階に調節できる外部調整ダイヤルを積んだSVS-∞は、これからが楽しみです

課題は軽量化かな?



さて、15アルデバランのライバルは・・・

ダイワのSS-SV(25k/150g)かアルファスSV(21k/175g)あたりでしょう

ABUのREVO-LTも相変わらずのコストパフォーマンスを発揮していますが、既に数年経過しているので目新しさがない反面、中古市場では万円台もあるのでスプールを追加しても安いものです

フィネス用途であればSS-AIR(32K/145g)なんですが、15アルデは今回のカスタムをするとコスパ面では不利なリールです

15アルデの場合、本体30K+KTFスプール10Kとなるとこの時点で40K

重さにして130gなのでSS-AIRとの差が10gちょいの差額分が8Kです

どのリールにするか迷っているのであれば・・・・追加なしでフィネスを含むトラウトベイトにはズバリ SS-AIRがベターでしょう

AIRスプールのフィーリングには好みがありますけどね(笑
関連記事
[ 2015/08/01 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する