15アルデバラン…キャスティングテスト

各部チェックが完了したところで、今度は実際にキャストしてみましょう

※あちこちシルバーになっているのは気にしないでください(笑)

あくまでもトラウトユースでのチェックですが、果たしてこのままで使えるか…

それともアベイル産スプール待ちになるか…
モノさえできれば間違いなしですがね

ノーマルスプールは、ラインキャパがかなりあるので、きっちりスプールエッジまで巻くと、スプールウェートが増しマシなので、ハーフライン目指して巻きました

ナイロン6lbを50m巻きですが、まだまだ余裕です




それではキャストしてみましょう

テスト用ロッドは、渓流用のチューブラグラスとシルファー60です



まずはオレンジのブランクに適当にその辺りあった5.5gのミノーで投げてみます

試すセッティングは、ブレーキシュー1ONでダイヤルはMaxの6からスタート

さすがにこのルアーウェートでは問題なくキャストできます

ダイヤルを段階的に落としていきますが、ほとんど飛距離が変わらない?

それでも1~2では伸びていきます

この飛距離は合格ですね

ショートもロングもこのままで狙えます

ちょっと初速が遅くは感じますがね






それではロッドを変えてみます



ちょっと頑張って管釣りクランクを投げてみました

ルアーウェートはちょうど4グラムです

1ON、ダイヤル1のままでなんとかなります

なりますがこれでは調整の幅がないのと同じですから、ちょっと物足りないですね

飛距離は先にキャストしたミノーと同じくらい飛びました




ならばハンドメイドミノーの4グラム(バルサ)です

これも問題ないかな~?

バルサは意外と空気抵抗が大きく、投げにくかったりするんですよね

まずまずの飛びですね

最近作っているのはもう少し軽いので難しいかな~(^^;



最後の〆は、WLの3グラムスプーン

この辺りになるとロッド次第のところはありますが、なんとかなる…かな?

ピンにビシッと打つには難しいです

油断するとラインが浮いてしまうか、オーバーヘッドでは叩きつけるようになってしまいます

特に軽いルアーの時は、ロッドにしっかりとウェートを乗せてやらないとダメですね



回収時の巻き心地は…サイレントチューンのお陰なのかはわかりませんが微妙に好みが別れるかな…

水の抵抗を受けての回収ではないので、また印象が変わるかもしれません






今回のテストの印象としては、ノーマル仕様で快適にキャストするには5gからというのが正直なところでしょう

箒川CRであればノーマルでも行けそうな気配です入魂もそのあたりかな?



スプールの両側のベアリング系を変えてやるとまた印象が変わるかもしれません

それとロングキャストのテストはしていませんので、どれだけ飛ばせるのか…いまだ未知数です


《追記》

このリールは、マッチングの問題があります



ありますというか、レスターハンドルはダメ

オールアングルもダメ

チャンピオンもダメで、唯一キャスパーハンドルだけセットできました

これは取り付け位置を低くする為にリールフットを薄くしたからでしょうか…

ブランクスルーのリールシートであれば問題ないでしょう
関連記事
[ 2015/07/29 17:00 ] ベイトリール Shimano | TB(-) | CM(2)

Re: こんばんわ(^ ^)

黄色い鮎が好きさん、こんばんは

吊しで購入したもので、相性が悪ければ直ぐに手放せるよう、傷避けでダクトテープを貼ってます(笑)

上面とパーミングカップに貼っておくだけで、かなりの傷防止にはなるのですが、見た目がイマイチですね

剥がしたときは、自分用のリールになったときですね
[ 2015/07/29 21:24 ] [ 編集 ]

こんばんわ(^ ^)

前回からでしょうか、ボディーの
色を塗り替えているっていうか、
貼っているっていうか? (*^^*)

なんか雰囲気が変わった?って
思ってました。 (^ ^)
[ 2015/07/29 20:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する