私的ラインのチョイス考

ルアーを操作する時に大切なライン

時にスムースなキャスティングを実現し、はたまた想定外の獲物をキャッチする

ロッドとの相性もありますが、やはりラインて大切ですね


そんな中で何度となく失敗を繰り返しつつですが、渓流のような流れのあるところは概して以下のようなセレクトが定着してきました


ローギアリール(~6ギア)はPEラインで・・・

これはズバリ感度優先、巻きの釣りが主体となるのでPEの感度は捨てがたいのです

同じ太さでもナイロン・フロロよりも強いのは良いのですが、リーダーとの結束が一番の課題です

合わせた瞬間に「プツーン」と抜ける感触はわすれられません(笑)


ハイギアリール(6.8ギア~)はナイロン、フロロ

このカテゴリーのリールでは、ルアーそのものもすばやく動いているのでバイトがかなりしっかりと来ることが多く、感度はそっちのけでショックをうまく吸収してくれるのが理想的

ナイロンラインの視認性の良さは捨てがたく、フロロの親水性もまた良いのです

ただ耐久性の面で、ナイロンはイマイチでノットを失敗するとカールしやすかったり・・・

フロロを釣行前日に巻き上げて失敗したり・・・

いろいろ面倒な点もありますね(笑)




例外はあります

浅めの棚で釣りをするならばPEでもフロロ、ナイロンでも気にしませんが、1/8ozクラスで底(3m~)まで攻めるにはPEはちょっと攻めきれない印象です

比重の軽さゆえにラインが浮いてくるように感じ、攻めきれてないのではないか?と考えてしまいイマイチ釣れる感がしないのです

なので湖での釣りであればフロロを選択したい

中禅寺湖のように1/4ozクラスをキャストしてボトムからの巻き上げ系であればPEでも問題ないのですがね
関連記事
[ 2015/07/13 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する