軽いメンテナンスで…その2

今回は湖で使ったまま放置?されてきたリールを2台メンテナンスです



というものの、渓流での使用とは異なり殆どがボートの上で使っていたこともありまして、さほど気になる症状も出ていませんでした

天気の悪い日が多かったようなのが唯一の気がかり?



まずは KTFアルファス



ガッツリとは使用してませんが、キャストフィールはなかなか侮れません

ローター固定がプラスに働いているのでしょう、軽いルアーのキャストでは気を使わずに使えます

ラインを4lbナイロンを巻いてありますが、特に問題なくつかえました

スプールエッジに噛みこむようだと気になりますからね

各所オイルチェックをして終了です




続けてもう1台は PX68SPR



ベースフレームはアルファスとほぼ同じでもスプールサイズが小径なので、同一ギア比でも若干巻き取りがスローなのが残念

こちらも簡単にオイルをチェックしておわり~(^^)

いまいち巷の評価が上がらないSPRでも、アベイル産のフルマグと組合わせると別物に仕上がります



ついでに言ってしまうとここに使っているPX68用FSSがもうちょっと浅くてもいいんですけどね~

まあバス用に8LBクラスのラインを50m巻くならばですが、トラウトではちょっと深い・・・

それ用にとなるとKTFのスーパーフィネスのスプール・・・って出てこないね
ジャンク狙いでいくか~、もう一台追加しても意味なし~


そうそうアルファスSVのSHLのギアをSLPさんが出してくれないもんでしょうかね~

このギアはPX系、アルファス系だけでなくミリオネア系にも行けるんで期待してるんですが・・・

セットで4100円のプライス、高くないので是非欲しいものですが、リールを追加するのは・・・ナイナイ(笑)
関連記事
[ 2015/07/12 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する