ということで追加のテストに…

グリーンバック・オレンジベリーの3本のミノーを手に地元渓流へ行って来ました

といっても例のごとくお昼過ぎに現着なので入渓者が居るかどうかなんですが、今回は裏目に出てしまいました(^^;

たまたま前回はヤマメ祭りにあたったようで、とにかく微妙な雰囲気です


はい、皆さんクマに出会ったら参考にしてくださいね
   ↓
rivr-DSC_0215.jpg

今回のタックルは

rivr-DSC_0198.jpg

エゲリア53L+09アルデバラン7.9+アベイルフルマグ仕様にPE04+ナイロン1号リーダー

ルアーはもちろんハンドメイドのシンキングバージョン3ケ

09アルデもここの所出番がなく、前回重いルアーをキャストするがためにマグブレーキのセッティングを強めにしてあったのでマグの調整からスタート

かなり弱めてもフルマグ仕様は安定しているので、ロッドの振り具合でキャストレンジを調整しますが、ホントにバックラしませんね

この安定感はある意味病み付きになりますが、遠心のような最後のヒト伸びがないので感覚的には少し失速感が強いかな




入渓ポイントに選んだのは前回と同じところから

rivr-DSC_0196.jpg

水の透明度は相変わらずクリアーでしたが、前回よりも水が少ないです

前回のヒットポイントとチェイスのあったコースを流しますが・・・・なんもない

といってもちびっこ軍団は群れで追いかけてきますので、全くいないわけでもない


rivr-DSC_0200.jpg

小一時間あれやこれやと試したもののまともなヒットもなく、流れの弱いところを通したらイワナがヒットしました


ならば流芯にはヤマメか~!と通したところで・・・

まずまずのサイズがユラ~と来たのが見えたのに、合わせた瞬間スナップのところでラインブレイク('_')

貴重なミノーが行ってしまいました

フックの返しはつぶしてあるのですぐに流れてくるかと思ったのに、見つかりませんでした


rivr-DSC_0203.jpg

小場所を撃ってもちびっ子が見に来るだけなので、大場所の竿抜けしてそうなところを通してイワナをもう一本


前回あれだけチェイスのあったヤマメはいったいどこに?

クモの糸もないし、ちびっこばかりがやたらと反応するということは・・・先行者ありですね

よくよく岸際を見ていくとありましたよ、足跡ばっちり

つま先が上を向いているので釣り上がりのようです


ミノー1本ロストし、残り2本

ともに同時期に仕込んだものなので泳ぎ、沈みも変わらず使えました

ボトムまで沈めてゴツゴツと叩いてくる動きでヤマメを刺激してやろうと思ったのに、やる気のあるのはちびっ子だけ、いまいち反応しませんね



rivr-DSC_0206.jpg

しばし上ると川が二股に分かれるところへ

右に行くか(イワナ多し)、左に行くか(ヤマメ多し)迷った末に左のヤマメに掛けることに

rivr-DSC_0205.jpg

が、これもどうやら失敗したようです

出てくるヤマメが手のひらサイズばかり

rivr-DSC_0210.jpg

前回のようなギラギラと追ってくるヤマメがいませ~ん

rivr-DSC_0211.jpg

基本的にこの渓流のヤマメは稚魚放流か天然なんでしょう、サイズはともかくとても綺麗な魚です

rivr-DSC_0213.jpg

去年はここで泣き尺ヤマメが釣れたので、もう少し時間をおいて再度挑戦しましょう


帰り道、道路から川を望みます

rivr-DSC_0214.jpg

うーん、魚が居れば楽しい流れなんだけどな~

次回はいよいよ南会津に行きますか・・・


関連記事
[ 2015/07/08 17:00 ] 2015年の記録 2015年渓流 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する