シルファー…その4(テスト)

スピニングからベイトへ進化したシルファーSSGS-60ULです

改造のポイントは、

全ガイド交換(マイクロガイド化)
リールシートとフロントグリップ交換

rod-IMGP2474.jpg

といったところで、塗装作業がなかったので短時間で終了しました

rod-IMGP2475.jpg



このロッドの良さを活かすためには、中規模河川かそこそこの湖や管理釣り場です

rod-IMGP2477.jpg

ルアーも4~5gは余裕でしょ~って仕上がりです

ちなみにオリジナルは1/16(1.7g)~5/32(4.4g)oz、2~5LBのスペック

まさにジャストなスペックで自分的に良く使うルアーのウェートにハマっています


湯ノ湖で軽くテストしておりますが、良いですね~


今回はガチでテストしてみましょ~となると、そこそこのキャストレンジと魚のパワーが期待できる箒川C&Rです

rivr-DSC_0096.jpg

ついでにハンドメイドミノーもテストしちゃいましょう





ということで、さすがに6月中旬をすぎると水がかなり温くなりますね

それと白っぽい濁りが入っています



まずはブレス下から入りトンネル工事の橋の下まで

rivr-DSC_0100.jpg

水の色がわかるかな?

rivr-DSC_0099.jpg

岩盤のところについているニジマスはチェイスはするものの、口を使いません

まあ例のごとく一番気温の高い昼からのスタートだからやむを得ないでしょう・・・


rivr-DSC_0097.jpg

ハンドメミノ―のピンクバージョン(フローティング)で瀬尻についていたニジマスをガツンと!




ロッドのベンディングは違和感なくスムースに曲がりました

キャストのほうも抵抗の大きいバルサのフローティングでも狙ったところにポンポンと入ります

スプーンであれば1.5gから、ハンドメミノーでも2gちょいあれば充分な飛距離が稼げます

3gあったら相当いきます


それと、ラインのブランクへの絡みもなく釣りができたのは大きいです
(ライン絡みは結構ストレスのもとなんですよね)



ニジマス君たちはやる気なさげにいるかと思いきや、いきなり白泡の脇からすっ飛んできたり、ヒットしたと思ったら流れに乗って下って行ったりとやりたい放題、ハンドメミノ―を1ロストしたところで、エネオス下に入りなおします

rivr-DSC_0105.jpg

こちらも似たような状況で、居るにはいるけど追いが悪く油断するとガツーンときてポロリと落ちる状況

rivr-DSC_0102.jpg

そんな中でもハンドメミノ―で頑張りました(笑)

シンキングで作ったつもりが狙ったところまで落ちず、フローティングのリップの長いほうがボトムノックするという計算外の動きもありました、一本一本の個性ということで使いまわします

rivr-DSC_0103.jpg

レギュラーニジマスはかなりいましたが、ヒットしたのは3、4本程度でしょうか

アベレージは40オーバーばかりでしたね
(狙っているのもありますが)

rivr-DSC_0104.jpg

流れのあるところでのニジマスは格別です

ロッド、リールのチェックにはもってこい、おまけにゴーマル、ロクマルまで出てもらえれば言うことなしなんですが・・・

rivr-DSC_0106.jpg

スプーンも試しましたが、私には無理(笑)、釣れるイメージがわきません

rivr-DSC_0108.jpg

見えるカラーのルアーであれば、イメージ通りに行くんですけどね~

rivr-DSC_0109.jpg

そして急流でヒットしたニジマスをネットインしようとしてやってしまいました

ミノ―フックがネットにフッキングすることでポロリ・・・

rivr-DSC_0110.jpg

そしてお楽しみの露店風呂。。。いやいやルアー専用エリアです

流れの太いところからデカいのが・・・来ました

ゴン!ギュンギュン!!

フッ。。。。ラインブレイクです


rivr-DSC_0111~2

その後ヨンマルチョイをキャッチし、欲張って見えるデカニジを狙ったら。。。またもラインブレイク

ちょうど三時半を回ったので、本日のテストは終了です

rivr-DSC_0116.jpg

遊歩道のアジサイに見送られました



さて、ペスカトーレのマグカスタムです

ある意味、ノーサミングも可能な安定感、ノーバックラで終了できました

考えてみれば、このリールの安定感といったらね~

レベルワインダー連動に4P遠心ブレーキ、そこにマグがついたわけですからね


ロッドも魚にパワー負けしませんでしたし、これからが楽しみなタックルセットができました


オマケ



関連記事
[ 2015/06/25 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(2)

Re: plus-lineさん、お久しぶりです

水量は少ないかなと思うところもありますが、各ポイントに魚が入っているので難しくはないですね

時々でかいのが水面で捕食してますので、もしかしたらトップウォーターもありかもしれません

少々白い濁りがありますが、食うことに関してはあまり影響無いかと…
[ 2015/06/25 17:56 ] [ 編集 ]

水量は如何ですか?
以前は少ないと聞いていたので足が遠退いていたのですが ・・・ 。

( 最も最近では仕事以外の諸事情で出掛ける事が出来なかった訳ではありますが ・・・ 。)

そろそろ動きだしていところではあります。
[ 2015/06/25 17:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する