シルファー…その3(ガイド取り付け)

グリップが取付けできたので、いよいよガイドを取り付けます

今回はゴーエモンから外した極小マイクロガイドを使ってみます

全部で1+7です



使ってみてだめなら普通にKTガイドに変更します

ハンドル周りのイメージはこんな感じです



フロントフードはむき出しの金物でも良いかな~的な感じ



今回購入したEVAのフロントグリップもありますが、イメージと違いますね


まずはブランクをつないでみてアクションを確認、バット側の曲がるところを把握しましょう




ガイドを順番に並べて仮付けしていきます

今回は付けたいところにジョイントが来てしまいましたが、全体を微調整して対処します



いや~実に小さいガイドです



位置決めができたら、スルスルとラッピングしていきます

スレッドカラーはグリーンですが、仕上がりがノーマルに近いものになります
(一度テストして確認済みです)



フロントグリップに手持ちのコルクのカバーを嵌めましてハンドル周りはこんな感じになります



ロープロリールを乗せるとこんな感じ

思ったより低い位置からラインが出ているので、小径ガイドでもなんとかなりそうです

オーバー30mの遠投ロッドにはならないかな?



ラッピングにエポキシコートをしましたので、硬化を待って完了です


おまけでコレを貼っておきましょう



ノーマルのリールシートに着いていたスペンサーでした



ということで次回はテストです

スピニングでのアクションのイメージのままベイト化できたかとおもうのですが、常用ルアーが快適キャストができるのか?

楽しみが増えました

本格的に使うのは秋以降の管釣りからかな~
関連記事
[ 2015/06/22 17:00 ] ハンドメイド ベイトロッド | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する