シルファー…その2(グリップ周り)

思いの外早く届きました(頼んで中1日できた)ので作業を進めましょう



購入したのは、今回は使わないものもありますが、こんなものです

アンドリューのリールシート
コルクのリアグリップ
EVAのフロントグリップ
リップスティックワインディングチェック

15%オフ券を使っての購入です


まずはリールシートの組立からです



特別アイマークがある訳ではないので、位置ズレがないように気を付けましょう



エポキシを使いまして接着しますが、ズレない様にマスキングテープで固定します



硬化したらマスキングテープを剥がして、ハミ出たエポキシをメンテナンスしておきます



取付け位置の確認です

少しリールシート部分が短くなりそうですが、フロントフードにカバーを入れれば隠れてしまいそうです


ノーマルのリアグリップを残す様にするため、フロントグリップとリールシートの部分を剥がします

今回はオールコルクなので作業性が良いですね

素材のブランクを選ぶ時の重要なポイントの一つです



ラジペンを使いバリバリと剥がします

リールシートにウッド材を使ってあると見た目は良いのですが、外すのに一苦労どころか、半日掛かりになることもあります

私はウッド場合は糸鋸盤でやりますが、サンダーで削り取る方もいますね




後ろからグリップを作る時はそのまま残すワインディングチェックですが、リールシートが前から入れた時に当たるので外します

アルミなのでリューターで切れ目を数カ所開けて、緩くなったところでむしり取ります

何事も無理やりはダメです、ブランクに傷は禁物です

電動工具を使う時は、ブランクに接触しないように注意しましょう



アンリパらしさを残すためにここのマークを残す様に、スレッドに乗っているコーティングを削り取っていきます



リールシートの内径合わせのテープを三ヶ所巻いて太さを合わせ、ワインディングチェックの下に空いてしまう隙間をグリーン系のスレッドで下巻きします



エポキシ接着剤を適宜伸ばしながらリールシートを挿入します

ハミ出たエポキシを取りやすくするためにも、マスキングテープは上手に使いましょう



ということで今回はここまで


明日はいよいよガイドセッティング、そして取り付けます



関連記事
[ 2015/06/21 17:00 ] ハンドメイド ベイトロッド | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する