癒やしリバーでミノーテスト

先週のこと、ホームリバーが絶不調なのでこれではハンドメイドミノーのテストにならないや~ってことで、箒川C&Rに出現

(出ても手の平サイズだし、数もでない、おまけに中禅寺でもふられっぱなし)

そういえば東古屋以来まともなトラウトに出会っていないな~



魚は間違いなく居る、問題は水温と活性だけ?

当然なのか?この時期は釣り人も疎らなので、一時のようなハイプレッシャーではないとの読み



フロッグのハンドルにペスカトーレ、ルアーは自作のみと縛りまして挑みました


まずは一本とピンクの見易いものからスタート

プールに付いているトラウトは追っては来ても口を使わず、やはり日中は厳しいのか…


ならばと白泡のある瀬の周りを流してみると~



30チョイのニジマスをキャッチ

やはり酸素の多いところのトラウトは多少ヤル気はあるようです

ピンクミノーのフローティング、シンキング共にブリブリ泳ぎ、良い感じ(^^)


ならばとエネオス下に移動して吊り橋へ向かいます



水量は少なめ、濁りもあってもトラウトが見つけられるので何とかなるってところ



レギュラーサイズはゴン、ゴン!と出てきますが、ゴーマルクラスはなかなか底から上がってきませんね~




渓流では余りでなかったピンクミノーが大活躍、チェイスで乗らなかった時にグリーンバックに交換しやればそちらに食いつくので、良いペースでとれますね



魚はまだまだ残っています



シンキングのミノーは、概ねOKですが泳ぎっぷりはフローティング、スローシンキングが良かったですね

次回ロットはフローティングベースにウェート増しで行きましょう(^^)
関連記事
[ 2015/05/28 17:00 ] 渓流・アーカイブ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する