DAIWAマグフォースを考える

ダイワ傘下のSLPワークスチューンで今注目なのは、「ストリームトラウトチューン

T3AIRとSS-AIRに搭載のAIRスプールのローターを固定して、常に一定のマグパワーを掛けるというもの



そのちょっと前にやっていたのが「シャッドチューン

こっちはいまいちピーンとは来ませんでしたがね




そもそもマグフォースはいくつかのバリエーションが存在し、あわせてパーミングカップに入るマグネットも、ノーマルのタイプとよりスプール側にオフセットさせたパワーマグがあります

パワーマグチューンは、一時STEEZなどを対象に展開してましたが、いまはやっているのかな?


基本的にはマグネット部分を交換することはできないようになっているのですが、パワーマグにすることでローターに掛かる磁力が強くなるように磁石面がスプールに向かって飛び出ているんですね



私の場合は、ルアーは平均5g以下、ロッドはトラウトロッドかBFロッド、ラインも太くても1号クラスから下は04PEという条件下で使っていますが(当然ラインのキャパは必要なくシャロー系でISスプール、ZONDAスプール、KTF フィネスときてプレッソスプール系にAIRスプール)、スプール径の差こそあれ、共通しているのがローター固定(ノーマルのAIRスプールは動きます)となっていること



では、ローターを固定すると飛距離が出ない?、メーカーのうたうマグフォースのメリットがない?と思うでしょう



ですが、実際に使ってみるとトラウトで使うようなルアーにおいては、まさにコレデショ!って感じ

たとえるならばアベイルスプールの入ったレボのようなイメージ

細かいところは違いますが、今までの可変ローターではキャストフォームを変えたり入力の具合を変えたとたん急にブレーキが利いてしまったり、反対にブレーキが抜けてしまってバックラしてしまったりと何かとトラブルの元になっていた点が改善され、しかも扱いやすくなるのです


なぜか?

軽いモノを投げることにおいては、ルアーの滞空時間が短すぎて可変ローターのメリットを活かす前に着水しているということです

初速域をマグパワーでセーブさせるとブレーキ感が悪く、引きずっているかのように飛ばなくて、ではとマグを弱くするとノーブレーキ感で飛ぶけど期待したところで止まらずにラインがオーバーランしてしまうので

上手な人はサミングでコントロールするのでしょうが、キャストから着水までのほんの数秒間で勝負する渓流ではね・・・

頑張って30m飛べぱ結構飛んだな~と思う軽量級ルアーキャストでは、着水までの時間はあっという間の話で、50m以上投げる時とは条件が違うのです

バスタックルでバイブレーションを70mキャストするぞーって時は、可変ローターのメリットを活かしてSVスプールを使うのが正解だと思いますが、軽いルアーをキャストするときにおいては、飛距離よりもアキュラシーを活かすべきなんです


ではアキュラシーキャストの場合、常に同じフォームでキャストできるのかというと、左右から迫る木々の枝や岩、障害物が迫る系流域では、あらゆるテクを使ってキャストしていくことになります

このときにどの位の入力でどの程度のブレーキが掛かるのか・・・それこそ自分の手足まで使い込まないと理解できない部分でしょう(そこまで使い込めるほど釣りにいけない人が殆どではないでしょうか)





渓流でワンチャンスで釣らなくてはならない状況で、ブレーキのムラッケに気をもみながらキャストするのはストレスです

どんなときでも、どんな振り方をしてもブレーキの効き具合の予測がつくということが優先されれば、あとは体感で覚えていけるはずです



SLPのチューンで4500円、オーバーホール付ですが高いか、安いか。。。


私は自分で加工して固定化してしまいましたが、AIRスプールを持っているひとはお試しあれということです
関連記事
[ 2015/05/09 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(3)

Re:

神奈川バザーさん、おはようございます

ターゲット違いで微妙に相違点もあるかと思いますが、メーカー仕様でそのままでいけるのはAIR位でしょう

おそらくチューンするとこれまでのフワッとしたAIRキャストから普通のベイトキャストになると思いますよ

何かあれば、PCページ右下のメッセージをお使いください
[ 2015/05/10 08:38 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし


神奈川バサー さん、コメントありがとうございます


SS-AIR、T3-AIRともにダイワの中では軽量クラスのキャストに特化したリールとしてKTF並に人気のあるリールですね

そして実際につぼにはまると結構いい感じで飛んでいくのは体感済だと思います

SLPのトラチューンのページには2~7gのキャストを制御とありますが、使用するスモラバなどでこの範囲に収まるようであれば十分実感できると思います

というのは、私の感覚的には大きく振ってやるといい感じで飛距離が出ますが、それがためにコントロールを犠牲にしている感じを強く受けます

逆に固定ローターのスプールでは、フィリップしたときや振りぬくキャストをしたときでも、ローターがスプール側に抜けることがないので、ラインが暴れることなく一直線に飛んでいくイメージです

飛距離に関しては、スプールに頼るとキャストフォームを変えるつど微妙に修正していかないと狙った飛距離が出なかったりもしましたが、固定することでキャスト時の入力にリニアに反応してくれると思います

つまり強く振れば飛距離が伸び、弱く振ることでショートレンジもピタリと狙える・・・そんなイメージです

フォール時のラインの出具合ですが、これはキャスコンの締め具合の部分もあるのですが、ほぼテンションフリーで落とし込みも可能です


自分で改造するがために瞬間接着剤でと思うかもしれませんが、これはちょっとリスキーなのでやめたほうが良いです

自作スリーブを加工するか、メーカーに出すのが良いですね
[ 2015/05/09 20:49 ] [ 編集 ]

初めまして。ベイトフィネスという言葉が出だしたころからこちらのサイトをこっそりと拝見させていただいてます。私はSS AIRを所有しております。バス釣りで当然ながらライトリグで使ってます。

で、本題ですがSS SIRに「ストリームトラウトチューン」を施したとして、例えば総重量5~7gのスモラバなどを投げた場合、平均的な飛距離と向かい風になる場面でのライントラブル、スキップさせた場合のフィールはどのように変化すると想像できるでしょうか?
また、バス釣りではフォールで食わせる場面もあります。ルアーをフォールさせるときも、ラインを手で送らず、吊るしの状態のSS AIRのように「スルスル」とラインがルアーの重みだけでスプールから出てくれるのでしょうか?

人それぞれモノに対する感じ方や考え方があると思いますがozechiさんのアドバイスをいただければと思います。

最後に長文失礼しました。
[ 2015/05/09 18:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する